SAKURA Artsalon Osaka

株式会社サクラクレパスが運営する絵画教室です。

奈良公園旧興福寺外壁にて『新緑と土壁』を野外スケッチしてきました。

2017年05月19日 | 先生からのブログ
スケッチ日和が続いてますね〜

皆さまこんにちは。チケット制・野外スケッチ入門講師の弓手です。先日の瀬戸内海スケッチに続いて、本日もスカッと快晴の野外スケッチ授業をしてまいりました。




奈良公園旧興福寺外壁、つまり、今のあの興福寺が1300年ほど前に創建された当初の土壁が、ひっそりと残っている穴場スポットがありまして、本日は、新緑と1300年前から在る朽ちた土壁との対比をテーマに野外スケッチ授業をしてまいりました。


いつものように、野外現場で『本日の弓手式スケッチテクニックレクチャー』の為に、午前中のアートサロン教室の合間に下地づくり致しました。スタッフさん撮影。

午前の授業を終えて、ダッシュで奈良公園へ・・


到着してさっそく現場レクチャーを朽ちた土壁の前で致しました。


1300年ほど前から在る土壁の周りの土(壁の土ではありません・・)を現場でアクリルメディウムに混ぜて塗るテクニックなどをレクチャーしました。


皆さん思い思いのポイントに散らばって・・




講師レクチャーを参考に、現場の土を拝借されて・・





皆さんコテコテコテコテ・・

またまた観光客さんに、

「それ、何してはるの??、ナニ画っていう種類ですの??」

って、毎度お約束のご質問などされつつ・・




暑くもなく寒くもなく、蚊にも毛虫にも邪魔されることなく、皆さん快適に気持ち良くスケッチされてました。



新緑と朽ちた土壁の対比が画欲をそそります・・



奈良公園の鹿さんたちものんびり気持ち良さそうです。


新緑を透かして土壁に当たる西陽も傾き、快適なスケッチ時間はあっという間に過ぎて・・


気持ちの良い木陰にて合評会です。




本日の気候は、コテコテ下地もスイスイ乾いて、今回初めてコテコテ初挑戦された方々も充分魅力的なスケッチに、仕上がりました。

チケット制・野外スケッチ入門では、毎回テーマを変えて、いろいろなスケッチポイントで画材も自由に取り組んでいただけます。

チケットをご購入いただきましたら、講師推奨画材もご紹介しておりますが、鉛筆だけでも、水彩絵の具だけでも、講師から毎回のテーマに合わせていろいろな描き方をご紹介しております。

どうぞお気軽に、どなた様でもお友達とお誘い合わせてご参加くださいませ。

やっぱり野外でのスケッチは気持ちいいですよ〜



本日の講師デモスケッチはこんな感じ。



帰り道にて興福寺の国宝五重塔。ほんまに快晴、いいお天気でした。

さて、

次回は、6/2(金)に、大阪市内の大阪城にて、

『大阪城の巨石をダイナミックに描く』

というテーマでの野外スケッチ授業です。おそらくはまだ梅雨入り前?の快適な気候のもと、気持ち良くスケッチいたします。

皆さまのお越しをお待ちしておりますー



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パステル画【語りかける静物... | トップ | 「田伏勉 クレパス画展」のご... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。