SAKURA Artsalon Osaka

株式会社サクラクレパスが運営する絵画教室です。

墨で新しい表現!

2016年11月02日 | 一日教室

本日は11月の短期講習会の開催日でした!

墨で新しい表現~墨の「効果」と「余白」を活かした表現~

講師は日本画家の岡部隆志先生です。


岡部隆志先生

短期講習会ではすでにおなじみとなりました岡部先生ですが、今回の講習会では初めて墨と和紙を使った制作を行います。

日本画家でもある先生にしかできない特別な内容で、2日間で二枚の小作品を描きます

最初の講義では「墨」「和紙」の詳しい解説からはじまり、本日の制作の流れが説明されました。

制作開始です。まずは和紙を広げ、墨で全体に描き込んでいきます。

そこから必要な部分をトリミングして、それをパネルに貼ったうえでアクリル絵具で着彩、という流れになります

 

制作その① 墨を擦り、【淡・中・濃】の三段階の色を作ります。

画面には淡→中→濃の墨の順番でのせていきます。

はじめから濃い墨を使ってしまうと修正が難しくなります。

制作その② 「余白」に注意して、さまざまな方法で和紙に墨をのせます。

【かすれを活かす】

【にじみを活かす】

【濃淡や強弱、タッチを活かす】

表現方法はさまざまです!墨と和紙の相性を楽しみながら、全体のバランスを見て表現していきます

皆さんダイナミックに描かれていますね!

 制作その③ SM、F3号それぞれの大きさにトリミングをします。

画面の上にトリミングシートをあてながら自分がここがいいと思うところを探します。

この上に描く絵のイメージをしながらトリミングします。

 

制作その④しるしをつけてカットします。

 

制作その⑤ 切り取った和紙をドーサ液を使ってパネルに張り込みます。


この張り込む作業は初めての方が多く、尚且つ難しい作業のため先生が見本を行い、丁寧に進めていきます。

 

制作その⑥ 側面をフエキ糊で接着し完成です。

紙の余った部分を切り取ってパネル張り完成です

次回はいよいよこの上からモチーフを描きこんでいきます。

ここからどんな作品ができあがるのか、楽しみですね

 

次回は11月16日(水)です!

ブログレポートをお楽しみに~

(まりも)

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマス特別企画☆『選べる... | トップ | 明日は野外スケッチです! »
最近の画像もっと見る

一日教室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。