美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

第5弾寄贈プロジェクト・作家選考会(ご報告)

2015-01-28 16:41:43 | Weblog
第5弾寄贈プロジェクト・作家選考会(ご報告)

■日時:2014年12月20日(土)18:00-20:00
■会場:アートコートギャラリー

11/9、11/24、12/7の3回に渡って開催された勉強会を踏まえ、12月20日アートコートギャラリーにて、寄贈作品の選考会が行われました。事務局もいれた合計14名が参加し、候補作品について、また、会の方向性など、忌憚のない意見が交わされました。
学芸員の皆さんは、美術史における専門的知識や経験により、ストレートに収蔵したい作家を候補としていましたが、話し合いの末、第5弾プロジェクト作家の選考は、児玉靖枝氏に決定されました。選考理由は以下のとおりです。

・児玉氏は上品に変化し続け奇を衒わない作家である。作風は変わっていったが、本人は「自分の住んでいる身の回りの風景を描き続けている」と話している。選べる作品も多く、当会として贈りたい作品を選ぶことができる。作家と協働してゆくこと、スタジオ訪問やアーティストトークなどを通して、児玉氏について勉強を重ねていくことが可能である。

上記より、今後、児玉氏を勉強会で取り上げていくことになりました。会員皆で児玉氏を学びながら、作品を選考していく運びとなります。学芸員の皆さんから挙げられた作品も候補作に含まれます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4弾寄贈プロジェクト贈呈... | トップ | 第5弾寄贈プロジェクト作家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。