美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

リサーチプログラム2017 トークディスカッションvol.1 (7/1)ご案内

2017-06-04 18:57:20 | Weblog

新年度の最初のプログラムのご案内をお送りします。

第5弾寄贈プロジェクト「児玉靖枝さんの作品を兵庫県立美術館に贈ろう」も
おかげさまで募金目標金額を達成し、来年春の正式な寄贈に向けて手続きを進めています。

美術館にアートを贈る会 リサーチプログラム2017
トークディスカッション vol.1(7/1)のご案内
「市民が支える美術館 日本とアメリカ」
      ゲスト 蓑 豊氏(兵庫県立美術館 館長)
      ナビゲーター おかけんた氏(芸人/アートプランナー)

寄贈プロジェクトのステップは、1「考える/企画」、2「集める/募金」3「贈る/寄贈」
というプロセスをたどります。
次の寄贈プロジェクトを始めるにあたって、ステップ1をより多くの方々の参画と
ともに考えていくリサーチプログラムを本年度は実施いたします。

3ヶ月に一回、ゲストをお招きして、ナビゲーターとともに実りあるディスカッションを
積み重ね、市民による市民のための美術館という市民と美術館の新たな関係作りの活動を
皆様とともに推し進めてまいります。

本年度は、グランフロント大阪のナレッジサロンのご協力のもと開催させていただきます。
是非ご参加くださいますようお願いいたします。

【トークディスカッション vol.1】

日時:2017年7月1日(土)13:30〜15:30(13:00 開場)
内容:「市民が支える美術館 日本とアメリカ」
   ゲスト 蓑 豊氏(兵庫県立美術館 館長)
   ナビゲーター おかけんた氏(芸人/アートプランナー)

   *日本とアメリカのファンドレイジングや日本の美術館支援の状況など、
    リアルなお話を伺います。
    昨年の総会時にも蓑館長にお話をいただきましたので、その要旨もご参照ください。

   *ナビゲーターは現代美術のコレクターとしても有名な吉本興業のおかけんた氏です。

会場:ナレッジサロン プロジェクトルームGH
    530-0011大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館7F
    tel: 06-6372-6438
   *北館奥、北3エレベータで7階にお越しください。
    少しわかりにくいので初めての方はマップをご参照ください。


  
   *当日のご注意。
    ナレッジサロン受付でイベントの内容とお名前をおっしゃってくださると
    入場できます。事前にお名前を登録しますので事前申込をよろしくお願いします。

参加費:無料

定員:30名(先着順。ご協力いただくナレッジサロン会員様にも案内しますのでどうぞお早めにお申し込みください。)

参加申込:6月26日までに下記メールアドレスにお申し込みください。
info@art-okuru.org (美術館にアートを贈る会 事務局)


今後の予定
vol.2 9月2日(土)13:30~15:30 
   ゲスト 大阪新美術館建設準備室 研究主幹 菅谷富夫氏
vol.3 10月28日(土)13:30~15:30 
   ゲスト 京都市立芸術大学 教授 加須屋明子氏
vol.4 翌年2月  ゲスト 京都市美術館 館長 潮江宏三氏
*会場は、すべてナレッジサロンです。
*それぞれの回にナビゲーターを設定します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民が支える美術館 日本とア... | トップ | 第1回トークディスカッショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。