美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

第7回美術館訪問「京都市美術館」のご案内

2014-05-17 02:45:03 | Weblog
第7回美術館訪問 京都市美術館「近・現代美術の収蔵への取り組み」

日頃は「美術館にアートを贈る会」の活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

ご好評をいただいています美術館訪問の第7回を開催いたします。
京都市美術館は、昭和初期に日本で二番目に設立された大規模公立美術館です。
開設当初からその時代のコンテンポラリー(現代美術)の収蔵に積極的に取り組んでこられました。これまでのコレクション形成や、社会状況の変化によってどのような展望をお持ちなのか、学芸課長の尾凬様より熱いお話を伺います。
美術館にアートを贈る会としても、今後の寄贈についてリサーチできるよい機会だと考えています。
是非奮ってご参加ください。

===============================

レクチャー 『近・現代美術の収蔵への取り組み』

日時     2014年月6月14日(土) 10:30-12:30
(集合:10:20京都市美術館正面入口)

訪問先    京都市美術館 
       京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)
       http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/information/access.html

レクチャー 「近・現代美術の収蔵への取り組み・美術館の現況と今後」
       京都市美術館 学芸課長 尾凬眞人氏
       
       お話を1時間、その後質疑応答も含めた意見交換を行います。

申込先    6月7日までに下記e-mailへ お名前と人数をお知らせください。
       info@art-okuru.org (美術館にアートを贈る会事務局 )
 
参加費    サポート会員は無料
       一般参加は500円(当日徴収させていただきます)
  
* 当日、京都市美術館で開催中の展覧会は次の2つです。

『作家の眼「高橋秀-気への形象」』展
高橋秀(1930~)の長いキャリアのなかで、1970年頃から約半世紀に及ぶ作品の変遷を追い、作家の全貌に迫る展覧会です。

『2014京展』
京展は、作家の登竜門としてもたいへん評価の高い京都市主催の全国規模の公募展です。毎年、京展賞、市長賞などの行方が注目されます。

どちらも興味深い展覧会です。お見逃しなく。
なお恐れ入りますが、各自チケットをご購入の上、自由にご鑑賞ください。

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国美術館会議 第43回教育... | トップ | ART OSAKA 2014に当会の活動... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。