美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

「第5弾寄贈プロジェクト作品が決定」

2015-08-03 02:51:57 | Weblog
美術館にアートを贈る会 第5弾寄贈プロジェクト作品選考会
「児玉靖枝作品の中から」
2015年7月26日(日)14:00~15:30 アートコートギャラリーにて

第5弾寄贈プロジェクト作品として、児玉靖枝作品「深韻-水の系譜(霧雨)五 」(2013)、「深韻-水の系譜(霧雨)十二」(2013)と
初期作品の「landscape」(1999)の3作品に決定いたしました。




※左画像:「深韻-水の系譜(霧雨)五 」(2013)、「深韻-水の系譜(霧雨)十二」(2013) 右画像:「landscape」(1999)


2015年2月に開催されたアーティストトークを経て、アートコートギャラリーでの作品展示の最終日に、兵庫県立美術館に寄贈する作品の選考会が行われました。
作品の展示は、7月21日(火)~26日(日)6日間にわたり、1980年代の初期作品から最新作までの15点が展示されました。
会場ではアンケートも実施され、鑑賞に来られた方々のご意見もいただきました。

児玉さんの作品制作に関しては、アーティストトークで詳しく紹介がありましたので、インタビューページをご覧ください。
http://www.art-okuru.org/interview/index03.html

選考会には16名の方々に参加いただくことができました。初期作品から最新作が並ぶ、見ごたえのある展示の中から寄贈作品を選ぶというのは、至福のことであるのと同時に至難の業。
アンケートや参加者の意見も分かれ、どういう観点で作品を選ぶのかが重要なポイントとなりました。兵庫県立美術館に寄贈するに相応しい作品の基準とは・・・
地域にゆかりのある作品なのか、コレクションの流れを汲んだものなのか。それらを踏まえ、改めて作品を鑑賞し、作品を絞り込んでいきます。



自分の部屋というプライベートな空間に飾るのではなく、美術館というパブリックな場所とそのスケールが居場所として相応しい作品ということで、
最終的に挙手で、上記「深韻-水の系譜(霧雨)五 」(2013)、「深韻-水の系譜(霧雨)十二」(2013)の2作品と、
児玉氏の近年に至るまでの軌跡を辿るために「landscape」(1999)が、寄贈作品として選びました。

「深韻-水の系譜(霧雨)」は、霧のなかの森の情景を描いた作品です。関西にはよくある雑木林の風景ですが、
絵を眺めていると、霧の向こうまでが見えてきそうで、また、その冷たい、すうーっとした空気感までが体に伝わってくる作品です。

今後、SNSやクラウドファンディングなど、インターネットも活用し、寄付を募ってまいります。
「市民、美術館、アーティストの間に作品を介して、たしかな切れない糸を結んでゆく」この活動にご賛同くださる方、ご協力いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。



(記録 ― 室谷)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5弾寄贈プロジェクトの募... | トップ | 総会・懇親会(9/24)のご案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。