微睡みの祝祭

移動祝祭日・・・夢か現か、微睡みの中を彷徨う

共犯

2017-04-06 | chinema(アジア系映画)

映画を観た。

★共犯
原題:共犯 Partners in Crime
監督:チャン・ロンジー
台湾:2014年

《台湾青春映画の新たな一ページとなる作品》
という触れ込みに惹かれて観ました。台湾青春映画は時代の世相や風俗をタイムリーに反映させ、しかもナチュラルな表現で僕は好きなんです。今回の作品は、SNSと孤独がテーマ。

孤独って難しいテーマだなぁと思いつつ、つい前のめりで観てしまいました。日本のマンガ原作のような甘い思春ものではありません。結構ビターな社会性ある仕上がりになっていましたが、何処かツボを外しているようにも感じました。透明感ある映像に任せて、説明描写がちょっと不足しているのかも。

しかし、
青春の儚さ、痛さ、脆さが詰まった作品ということで、
《触れ込み》通り、でした。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリエント急行殺人事件 | トップ | 美術館を手玉に取った男 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(アジア系映画)」カテゴリの最新記事