移動祝祭日

時の香り

フローズン・タイム

2017-06-20 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★フローズン・タイム
監督:ション・エリス

監督は、
フォトグラファーとして活躍しているション・エリス。
現実世界の瞬間を切り取るという写真家の発想から一歩進めて、
「もし、時間をフリーズさせたら、どんな物語と映像が生まれるか」。

さすが写真家である。
瞬間の映像の美しさをしっかり魅せてくれた。
モデルさんを使ってのヌードはお手の物。
スーパーの中でのあり得ないヌード幻想的風景にうっとり。
マネキンのような均整のとれたモデルさんをつかっているので、
まさにビジュアル雑誌さながらの世界。

「時間をフリーズさせる能力」は誰でも持っているものかもしれない。
その世界でより自由に遊び生きているのがアーティスト。
過去、現在、未来と繋がる時間もあれば、
現実と想像を行き来する時間もある。
時空を止めたり動かしたりと自由自在。
芸術家の発想は自由で遊び心いっぱい。

美大生のじっと見つめる目、
見つめられる女の目が美しい。
画家の目、写真家の目。
するどい視線を描いているのも写真家の視線でしょうか。
雪の降るラストのシーンが美しく、
とびっきりのラブストーリィになった。

子どもの頃「不思議な少年」という人気ドラマがあった。
いつもテレビにかじりついていた。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THIS IS ENGLAND | トップ | ペネロピ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(欧米系映画)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。