移動祝祭日

時の香り

ルートヴィヒ

2017-06-15 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★ルートヴィヒ
原題:LUDWIG II
監督:マリー・ノエル 、 ピーター・ゼアー
出演:ザビン・タンブレア、セバスチャン・スキッパー、エトガー・ゼルゲ、他
2012/ドイツ

高い美意識と強烈な個性ゆえ誰にも理解されることなく、“狂王”とまで呼ばれたルートヴィヒ2世。その彼が崇拝した作曲家ワーグナーの生誕200年にあたり、ドイツが威信を賭けて制作。夢想家国王の《孤独と狂気》そして《自己崩壊の過程》を美しく描いた作品になっている。ノイシュバンシュタイン城をはじめ、王の夢と浪費の象徴ともいえる数々の古城でロケが敢行されており、人間ドラマとしては余りにも幼い国王の言動に多少うんざりするが、撮影スポットの美しさにはうっとりする。

後半、実質的な権力を失い、浪費に明け暮れる様は、耽美であり、夢の王国は圧巻である。《富と権力を自分の夢に使い果たす》メルヘン王と言われる所以だが、時代が彼の才能を必要としていなかったのかもしれない。戦争による国力の強化のために富が必要としていた時代である。芸術至上では国を救うことができなかった。

ドイツの物語はドイツ語で聴くのはいい。
ドイツオペラは美しい。
ワーグナーの出番は少なかったが、
この映画の主題は彼の音楽である。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラエボの花 | トップ | エリザベス・ゴールデンエイジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(欧米系映画)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。