移動祝祭日

時の香り

パプリカ

2017-07-27 | chinema(日本アニメ映画)

アニメ映画を観た。

★パプリカ
監督:今敏
原作:筒井康隆
2006/日本アニメ

「筒井ワールドをアニメ化すると、こんなにも楽しくエキサイティングになるよ。」という映画です。筒井さんの世界はとにかくはちゃめちゃですから、その世界を表現するには、アニメが一番効果的手段だと改めて実感しました。今敏さん「したやったり」の思いでしょう。

映像はすばらしく新鮮で、刺激的で、パワフルで、ケレン味たっぷりです。つい引きこまれ「えい、馬鹿馬鹿しいけど、付き合うよ」と本気にさせてくれました。そこが筒井ワールドの罠です。

スタッフも強力です。監督は今敏さん。キャラクターデザインは「もののけ姫」「「千と千尋の神隠し」の安藤雅司さんです。そして、パプリカのヴォイスはあの「エヴァンゲリオンの綾波レイ」の林原めぐみさん、音楽は平沢進さん、などなど。制作マッドハウス。

「夢が犯されていく」刺激的なコピーだけど、他人と共有できたら楽しいでしょうね。私は最近は、夢と現実の狭間で生きているような気がしています。行ったり来たりしながらそれなりに楽しんでいます。そのうち境界線が無くなってしまうのでしょう。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時をかける少女 | トップ | サマーウォーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(日本アニメ映画)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。