移動祝祭日

時の香り

悲しみが乾くまで

2017-06-28 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★悲しみが乾くまで
監督:スサンネ・ビア

ポスター、キャッチコピー、出演者、監督などをみて、「おお、おもしろい」「おお、みたい」と心が動けば、劇場へGO!この映画にはハリー・ベリー(Halle Berry)が出演している。「おお、みたい」。

バディは相変わらず美しく硬質なシルエット。プールで子どもを抱き上げ、水着をパシッとするところは、いいですね。表情アップのカメラワークで、視線の鋭さ、感情の強さを出してくれた。母親として、女として、感情むき出しのかなりナチュラルな演技に、僕としては好感度さらにアップ。

この映画で思っても見なかったというか、ベニチオ・デル・トロ(Benicio Del Toro)の渋い、存在感ある役者ぶりに、思わず最後まで魅せられた。知的で硬質的なハリーと、低堕落で軟派的なベニチオの好対照な存在がこの映画の魅力かな。この二人の関係は、映画では意識的に曖昧にされている。監督スサンネ・ビアの嗜好なのかもしれない。

邦名「悲しみが乾くまで」とは、誰の悲しみだろうか。男も女も子どももみなそれぞれに悲しみをひきずり生きている。悲しみは刻が癒してくれるというものではなく、それぞれが自らの力で乗り越えていくもの。互いに善意の力を信じながら。ラストの場面でそんなメッセージを受け取りました。

後でわかったことだが、テーマ曲はグスターボ・サンタオラヤ、今や引く手あまたの映画音楽の作曲家とのこと。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダージリン急行 | トップ | バンテージポイント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。