微睡みの祝祭

移動祝祭日・・・夢か現か、微睡みの中を彷徨う

アメイジング・グレイス

2017-06-19 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★アメイジング・グレイス

大変、高尚なお話である、
文部科学省推薦、東京都推薦。これでどれだけ高潔なお話かわかろうというもの。
《アメイジング・グレイス》に関わる物語、
しかもイギリスの18世紀の物語。
奴隷解放に奔走した男の話。
これだけでも一度は必見の要素はあると思った。
時代考証的な面に関して、非情に興味深かった。
イギリス映画であるというのが劇場に足を運ばせた一番の理由かも。
この手の物語はしっかり作ってくれる。
写真を見ているだけで愉しいでしょう。
これが映画だと思わせてくれる。

《アメイジング・グレイス》といえば、本田美奈子を思い出す。
彼女の必死な歌声には、空間を突き破るエネルギーがある。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国王のスピーチ | トップ | THIS IS ENGLAND »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(欧米系映画)」カテゴリの最新記事