微睡みの祝祭

移動祝祭日・・・夢か現か、微睡みの中を彷徨う

喜多川歌麿女絵草紙

2017-05-18 | book

本を読んだ。

★喜多川歌麿女絵草紙 (文春文庫)
著者:藤沢周平
出版社: 文藝春秋、新装版 (2012/7/10)

寝る前にちょっと本読みと何気なく選んだ文庫本。
予想外に良かったー、さすが藤沢周平。


哥麿は江戸の謎の絵師の一人。
作風によって、エロ絵師みたいなイメージがつきまとうが
藤沢周平によって僕の喜多川哥麿観が完全に変わった。

物悲しい心境の哥麿像が描かれる。
まさに
沁みるなぁ
特に、女弟子千代との関係が、情感深く描かれ、秀悦。

謎の絵師写楽や馬琴なども登場し、
江戸の浮世絵世界へ一瞬にワープ。



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西本願寺の飛雲閣 | トップ | 麻雀放浪記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

book」カテゴリの最新記事