微睡みの祝祭

夢か現か、微睡みの中を彷徨う

サン・ジャックへの道

2017-06-30 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★サン・ジャックへの道
原題:Saint Jacques... La Mecque
監督:コリーヌ・セロー
2005/フランス

フランス映画らしい、見事なエスプリの効いた癒し系作品。
スクリーンからマイナスイオンがたっぷり。
俳優たちの見事なまでの演技。
シュールな幻想シーンもとても印象的。
人間というのはほんとに笑える生き物である。
無茶苦茶笑った。
フランス女性のグループがいたが笑い続けていた。

「サンティアゴ」はスペイン語で、フランス語では「サン•ジャック」というらしい。
中世の巡礼の道である。
自然と関わりを持って行くことで孤独が癒されていく様子がおもしろおかしく描かれ、映画を見ながら、一緒に心の旅をする。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップ | 幸せはシャンソニア劇場から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(欧米系映画)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。