微睡みの祝祭

移動祝祭日・・・夢か現か、微睡みの中を彷徨う

幸せはシャンソニア劇場から

2017-06-30 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★幸せはシャンソニア劇場から
監督:クリストフ・バラティエ
2008/フランス

歌って踊って、ミュージカルのような映画でした。観ている方もすっかり幸福感で満たされますが、フランス物語はちょぴり苦味も残しています。パリの街並のあまりの美しさに、カメラはただものではないなと思いました。撮影者トム・スターンを調べてみると、2002年の『ブラッド・ワーク』以降、クリント・イーストウッド作品の撮影を手がけていました。もちろん、あの「グラン・トリノ」のカメラもやっています。キャスト、スタッフとなかなかのつわもの達が練りに練った作品です。ラインハルト・ワグナーの音楽が素敵です。舞台ミュージカル音楽として聞きたいと思いました。

ノラ・アルネゼデールは、体格の大きさを感じさせない可愛さがあるんです。歌がうまいというか透き通るような声で、聞き入ります。フランス映画の女優さんは、やはり歌がお上手です!

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サン・ジャックへの道 | トップ | 中国の植物学者の娘たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

chinema(欧米系映画)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。