移動祝祭日

時の香り

エリザベス・ゴールデンエイジ

2017-06-17 | chinema(欧米系映画)

映画を観た。

★エリザベス・ゴールデンエイジ
監督:シェカール・カプール
キャスト:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ
2007/イギリス

大英帝国の歴史物語となれば、それはもうゴージャスで、気高く、時に仰々しく、時に禁断の物語をちりばめ娯楽性を追求しながらも、イギリス国民を震いたたせ納得させるべく物語でなければなりません。おそらくその期待に充分こたえているのではないでしょうか。あまりのゴージャスな映像美にフィクション性が一層際立っています。しかし、人間というのは何と多くの人の命を奪い続ける営みをするのでしょうか。あらためて驚く。スペインの無敵艦隊を破った後、イギリスは長く世界に君臨することになります(始めの部分は1998年の前作を見ていないんで、物語の展開が解りにくかった。それともイギリス史をよく理解していないからでしょうか?)

ヨーロッパでの戦争は宗教戦争の側面を持っています。この映画でもその宗教戦争の一面もしっかり描いているところはさすがです。
エリザベスが白馬にまたがり、兵士を鼓舞するシーンはフランスのジャヌダルクを連想させる姿。このシーンが最高でしょう。

今のエリザベス女王が京都に来られたとき、京都円町辺りで、女王一行の車の列を見ました。ゆっくりとしたスピードで目の前を走り去りました。その後、いろんなスキャンダラスな出来事がありましたが、イギリス王室はかなりオープンであるという印象を持ちます。この映画でも、女王の人間的な葛藤に焦点を合わせ、生き抜く姿が描かれ、スピード感溢れるリアル表現になっていました。

でも見終えた後、さすが肩こりしましたね。
「人の脳は協調と裏切りを重ね進化する」。
人間の歴史です。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルートヴィヒ | トップ | 恋におちたシェイクスピア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。