F.C.TOKYO esaltare

FC東京を愛する者のひとりごと

現時点での今年の東京へのイメージ

2017-05-22 03:41:18 | F.C.TOKYO
以下は、柏戦後に書いた記事です。
upしようと思ったのですが、ためらって寝かしていました。

----------

FC東京 1-2 柏レイソル


今シーズンは全く味スタには行っていなくて、
ダゾーンで出来るだけ見るようにしています。

大型補強でどこまでイケるか!?
と期待しましたが、
ここまで見る限りでは、
やっぱりいつもの東京か...という思いが強いです。

今日の試合に限らず、
思ったことをいくつか述べます。



・攻撃の形が見えない

得点を上げているとはいえ、
相手守備を崩してのものはそれほど見えず。

コースケが戻って来て、
セットプレーからの得点が増えたのはもちろんいいことなのですが、
それはプラスアルファであって欲しくて。

今日の柏戦でも、
東京はポゼッションはしてますが、
それはディフェンスラインとボランチまでのもので、
楔のパスを入れて、そのサイドを駆け上がって...
というような動きは少なく、
ただ回していることが多く、
ボールを奪われてカウンター...という形を何度も見ました。

一方、柏はボールを奪って収まると、
サイドの選手は駆け上がり、そこに斜めのパスを出す形がしっかりありました。

試合終盤ではウタカがポスト役になって左右に叩いたり、
楔のパスが入ってPA付近でショートパスで崩そうとする動きもありましたが、
チーム戦術としてというより、
個人のひらめきでやっているように見えました。



・マークが緩い

特にMFの寄せの甘さが気になります。
相手ハーフに自由な時間を与え過ぎてしまっている。
結果、ミドルシュートを打たれたり、
左右に自由に叩かれたりする。

個々ではプレスに行っているのですが、
決まりがあるのかないのか、連動性が見られないのです。



・リードされても取り返そうとする意志の強さ

ガムシャラさ...というのは今日もあまり感じられなくて。
大久保はそういう資質を持っていると思うのですが、
彼は糸が切れてしまうと不貞腐れてしまい、
今日も良くない方に転がっているように見えました。

高萩は...プレーで引っ張るタイプなのか。

行き過ぎもワンマンチームになってしまうので良くないですが、
やはり大人しいチームを牽引する資質を持ったプレイヤーが出て来てほしいです。


---------


と、ここまでが柏戦後に書いたことです。


神戸戦は後半途中に追いつかれたところまで、
ダゾーンで見たのですが、
思ったことはあまり変わらなかったです。

戦術的にもっと詳しくレベルの高い記事を書いている方はたくさんいらっしゃって、
私もいくつか見させていただいているのですが、
やはり「東京は能力の高い選手たちのアドリブで点を取っているが、
チームによるチャンスを増やすための動きのパターンや狙いはあまり見られない」
という評価をしていました。

柏などはそういうチームでの狙いがハッキリしていて、
しかもかなりのレベルであると感じます。
(ただハマらなかった時にはどうしようもなくなる可能性もありますが)



勝ち点はそこそこ積み重ねていますが、
果たして未来に繋がるか、と問うと??です。

ポポヴィッチ、マッシモの4年間で積み上げたものを、
この2年間で失ってしまっている気がしてならないとのです。



最後に、神戸戦でカズマのゴールで追いつかれる直前、
スルーパスを受けて抜け出した東が、
PA内右45度あたりで相手GKと1対1になったシーンで、
シュートを打たずに左サイドへのクロスを選択し、
結局ゴールキックになりました。

あの場面でシュートを打たないということが、
今の東京の「甘さ」だと私は思っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高萩来ればイケる!(はず...)

2017-01-21 05:30:52 | 移籍・新人情報
大久保・永井が来たけど、
「パサーがいないじゃん!」
と思っていて、
コースケ復帰という大きなサプライズはあったものの、
正直今年も微妙なシーズンになるんだろうなあ...
と思っていたのです。

そうしたら、一昨日辺りから気になる情報が!

高萩が東京に来る!?



私のツイッターのTL情報からだと、
(裏は取れていませんが...)

FCソウルの方から、
ハデソンが欲しいという持ちかけがあり、
東京がそれならば代わりに高萩を...
というやり取りのようです。

この通りだと瓢箪から駒みたいな感じもありますが...

ハデソン、昨年何試合か見ましたが、
正直スタメン張る選手じゃないと思いました。
ただそれは、ケガ明けで本調子ではなかったり、
まだJリーグやチームに慣れていなかったり、
当時チーム状況は悪かったなど色々あるので、
再評価するべきなのも事実ではあります。

ハデソンの真価を見てみたかった...という気持ちはありますが、
高萩が来るならそれ以上の期待を持ってしまいます。

今シーズンオフの補強で明らかに足りていなかった、
センターハーフの選手の日本人屈指の選手が来るのですから。

話が上手くまとまれば、
今シーズンオフの強化は満点に近い評価をして良いと思います。

日本人選手に関してはですが...



ここ数年、東京における外国籍選手の補強は、
残念ながら成功しているとは言えません。
以前は主にブラジル人選手でしたが、
ポポビッチ・マッシモ両監督下でヨーロッパ路線に移行しています。

外国人選手獲得に関しては、
コネクションが重要になるのでしょうが、
そこがどうしても弱いのか...

新潟、鹿島、川崎などは、
とても長けていると思います。
そしてそれを強奪する浦和...

東京が更に強くなるための大きな鍵のひとつだと思っています。



話を戻すと、
高萩の話がまとまれば、
東京の上位進出の可能性はかなり高くなると思います。
神戸、鳥栖と共に台風の目となりそうです。

ダゾーンマネーが入って来て、
今シーズンは大きな変革が起こり、
東京も一気に変化するチャンスです。



まあまずは高萩の移籍が決まってくれるのを、
この動画を見ながら妄想しつつ待ちたいと思います!

https://m.youtube.com/watch?feature=share&v=FFa_skJd2Y8




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【久しぶりに更新】2016年のFC東京について

2016-12-26 01:58:35 | F.C.TOKYO
ご無沙汰しております。

とーーーっても久しぶりの更新となってしまいました。

私事ですが転職し、
土日に休みを取るのが難しくなりました。

また、今年の東京を積極的に応援する気持ちが無くなったことも重なり、
後半戦は全くアウェイどころか味スタへも足を運ばなくなりました。

それでもスカパーで見られるときは、
テレビ観戦ですが何試合かはしていました。



2016年のFC東京を一言で表すと「逆戻り」だと思います。

マッシモの2年間、さらには遡ってポポの2年間をプラスした4年間の積み上げを、
全く無くしてしまいJ2降格時まで戻ってしまったと感じました。

城福氏を監督に再び招へいしたものの、
不安視されたことが現実のものとなってしまいました。

私が一番心配していたのが、
結果が出ないときに負へのスパイラルに陥ってしまい、
抜け出す術を見いだせないのではないか・・・ということでした。

背負いすぎてしまって、体全体から負のオーラが出てしまう。

甲府で監督をされている時はどうだったのだろうか、
気になるところではあります。



引き継いだ篠田監督は、よくやってくれたと思います。

ただ、それで来期も・・・というのはどうなのでしょう。

正直、来期どういう戦術になるのかはまだ見えてきませんが、
以前揶揄された「部活サッカー」に戻ってしまうのではないかという不安があります。



Jのスケジュールが消化されていくにつれ、
移籍動向もだいぶ明らかになってきました。


・out選手(確定およびほぼ確定)、引退選手

平山、三田、秋元、羽生、駒野、圍、幸野、林、榎本

・out?選手

高橋、水沼


・ほぼ確定in選手(新入団選手以外)

大久保、永井、林(GK鳥栖)




率直な感想は、
「パスのもらい手は増えたけど、出し手は取らなくていいの??」
です。

使われる側は揃っているけど、使う側が・・・と。

梶山がフルで行ければ勿論嬉しいですが。



正直来シーズンについては、まだ何もイメージ出来ていません。
果たして新戦力が加わってどのような戦いを見せるのか。
しばらく見守っていく形になると思います。

来シーズンはスケジュール合えば味スタおよび近隣アウェイに足を運ぼうと思います。
例外として札幌だけはどうしても行きたい気持ちがあります(^^)。



今年はあまり更新できませんでしたが、
見に来ていただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m。

来年もよろしくお願い致します。
よいお年を!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸 4-1 東京 (2016/8/13)

2016-08-13 22:59:46 | 試合結果・FC東京
前半は良かったです。

ヨネ、拳人の負傷、秀人の出場停止で、
ダブルボランチとしてソウタン、野澤が出場。

前試合に引き続きトップ下に入った東、
左サイドのムリキを中心に華麗なパスワークと連動性を見せ、
何回も惜しいシーンを作り、
前田のゴールで先制。
前半1点で終了したのが勿体無く感じました。

後半それが響いてくるのですが...

エンドが変わると東京は全く別のチームに。
前半ほとんど拾っていたセカンドボールは取れず、
相手選手へのプレスも甘くなっていきました。

同点にされた後は立て続けに失点し、
あっという間に4-1に...

ソウタン、野澤は運動量が落ち中盤で回され、
ペドロジュニオールやレアンドロにいいようにやられてしまいました。


負けてしまったのは残念ですが、
ケガ人が多い中で前半のようなサッカーを見せられたのは良かったと思います。

本当は後半の最中に立て直せれば良いのですが、
今シーズンの経過を考えるとそれは無理な注文です。
この1週間でしっかりと立て直し、
次戦に繋げることが大事だと考えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京 3-2 磐田 (2016/8/6)

2016-08-07 02:13:28 | 試合結果・FC東京
常に先手を取られながらも、
追いつき逆転して勝ち切ったことはとても評価出来ると思います。

前田が前線でポストとしてボールキープし、
東や河野が抜け出したり、
両サイドバックの攻撃参加も今までになく多く、
攻めに関してはだいぶ改善されて来ていると感じました。

ムリキのコンディションもだいぶ上がってきたようで、
東のヘディングのすらしを合わせた2点めの詰めなどは素晴らしかったです。
抜け出して1対1となる場面も多くあり、
脅威となっていました。

守備に関してはこれからだなと感じさせる部分が多々あり、
セカンドボールを多く拾われて、
苦しい時間が続きがちでした。
中盤のボジション取りとクリアの位置にズレがあるのでしょうか。

また、2失点めの小林のシュートは確かに素晴らしかったのですが、
ディフェンスの詰めが甘く感じました。
(そのプレーでは秀人)

監督交代前も、
シューターに対する詰めや、
中盤でのボールホルダーに寄せがない状況を多く見たので、
ここは早く改善してもらいたいです。

ユ・インスが決勝ゴールを挙げ、
J3でプレーしている選手達にとってもいいモチベーションアップに繋がったと思います。

8月の残りのリーグ戦も状態を上げて勝ち点を積み上げれば残留は確実となり、
ルヴァンカップと天皇杯を獲りに行くことも可能になるのではないかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加