We love you Arsenal.we do!!

旧『Arsenal and world football topic』 私の世界の中心は、常にアーセナル!

スウォンジー戦マッチリポート

2016-10-16 19:05:44 | 日記

Arsenal 3-2 Swansea City

得点者
Arsenal ウォルコット(27、32)、エジル(57)
Swansea City シグルドソン(38)、ボルハ・バストン(66)

No.10931 アーセナルVSスウォンジー

代表ウィーク明けはホームでスウォンジーと対戦。昨シーズンは優勝争いの中、絶対に落とせない状況下で逆転負けしてしまった同カードですが、この試合では序盤からここ最近冴えを見せるパスワークで翻弄。32分にウォルコットが2点目を奪うと楽勝ムードに。

しかしその6分後に自陣でパスを繋いでいると、ジャカがコントロールを誤ってシグルドソンに1点を返されてしまいます。この失点は自陣ゴール前でパスを繋いで、シグルドソンからプレッシャーを受けたジャカがドリブルでかわそうとしてボールを奪われ、そのままゴール左に叩き込まれるという実にもったいないものでした。ジャカはクリアするか、体の向きからしてムスタフィやツェフに戻すという選択肢が出来た中で、あえてかなりリスクの高い選択をしてしまいました。

前半を2-0で終えていればかなり楽だったのですが、この失点で緊迫した状況になってしまいました。 それでも後半が始まって15分も経たないうちにエジルが素晴らしいボレーシュートを決めてリードを再び2点差に。このまま上手く試合を運んでほしかったのですが、10分後にまたしても1点差に詰め寄られてしまいます。その後もモンレアルがバロウに手を焼かされ、何度となくピンチを迎えます。70分にはジャカがバロウに対して故意にタックルし、退場。残り20分余りを10人で戦わなければならないという非常に厳しい状態に追い込まれてしまいます。

ヴェンゲル監督は守備で貢献できないエジルと、やや疲れの見えるサンチェスを同時に退かせ、ギブス、チェンバレンを投入。散々やられていたバロウが直後に負傷で交代したこともあって、なんとか逃げ切ることに成功しました。

SKYのマッチレポート等を見てみると、やはりアーセナルで最低点を付けられているのはジャカとモンレアルでした。ジャカは素晴らしいフィードもあったりしましたが、失点に繋がる決定的なミスと、退場処分となった酷いタックルはいただけません。モンレアルに関しては守備が本当にどうしようもありません。常に相手の間合いで対峙しているように見えて、やっぱり簡単に抜かれてしまいます。ウイングのフォローがやや弱いというディスアドバンテージがあるにせよ、もっと止めるべき相手に意識を集中するべきでしょう。交代して入ったコクランとギブスがこと守備に関して印象的なプレーを見せていたので、レギュラーが入れ替わる可能性は十分考えられますね。

その他の選手については概ね良いパフォーマンスを見せてくれていましたね。サンチェスは南米から帰ってきてコンディションを整えるが大変でしょうが、それでも素晴らしいアシストがあり、神出鬼没の動きで相手ディフェンスを混乱させていました。2得点のウォルコットはゴール前の嗅覚を見せ、イウォビは巧みな足技で攻撃にアクセントを加えていました。
センターバックの2人は2失点したものの、要所は締めていたと思います。改善してほしい点はもちろんいくつかありますが、今シーズンは効果的にボールが回りますし、守備に締まりがあるので試合が面白いですね。

アーセナルはミッドウィークにCLがあり、日程が厳しいです。しかし幸いなことに、ミッドウィークも週末もホームゲームです。今の良いチーム状態を維持していってほしいですね。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リーグ戦で久しぶりにチェル... | トップ | 当ブログについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。