AUD7章 内部統制パート2

2016-10-10 01:38:45 | 会計基準

AUD7章 内部統制パート2
◆統制のテスト test of controls
目的 統制リスクの再評価 運用の有効性を確認
性質、時期、範囲 (整備の変更がなくても)少なくとも3年に一度実施

◆統制のテストの結果と実証性テストの関係
統制の整備(設計・導入)が有効でない場合、統制のテスト(運用の有効性)は実施しない。

◆監査人が特に重視するリスク
非日常的な取引 nonroutine transactionと、判断を要する事項 judgemental matter

◆網羅性のテスト test of completeness
原始証憑 source document から 記録項目 recorded entries の確認

◆実在性のテスト test of existence
記録項目 recorded entries から 原始証憑 source document の確認

◆売上・売掛のプロセス
営業部門 Sales department 受注する。受注伝票 Sales Order
与信部門 Credit department 掛売の承認。承認済み受注伝票 Approved Sales Order
出荷部門 Shipping department 出荷する。出荷指示書 Shipping Order
経理部門 Account department 仕訳をきり、請求する(billing)。請求書 Sales Invoice
受領部門 Receiving department 返品の受け入れ。受領報告書 Receiving report

◆売上・売掛の統制のテスト
承認済み伝票→出荷指示書 出荷漏れの確認
出荷指示書→承認済み伝票 未承認出荷の確認
出荷指示書→請求書 請求漏れの確認
請求書→出荷指示書 架空請求の確認
請求書→総勘定元帳 計上漏れの確認
総勘定元帳→請求書 架空計上の確認 

◆代金回収のプロセス
郵便室 Mail Room
 1)小切手と送金通知書の受領。 小切手 Check 送金通知書 Remittance Advice 
 2)入金一覧表の作成と現金出納係、経理部門への送付。 入金一覧表 List Of Checks
現金出納係 Cashier
 銀行への入金。預金口座入金票 Deposit Slip
経理部門  Accounting Department
 1)入金の会計処理。
 2)顧客へ月次報告書を郵送。 月次報告書 Monthly Statement
ロックボックス Lock Box 銀行の私書箱。従業員が現金に直接触れる機会をなくす。
信用保険  Fidelity Bonds 現金出納係等の従業員に不正に関する保険を掛ける。

◆代金回収の統制のテスト
送金通知書→入金台帳、売掛金補助元帳 計上漏れの確認 

◆購入、買掛、支払のプロセス
購買部門 Purchase Department 発注する。発注書 Purchase Order
受領部門 Receiving Department 納品物を受領する。 受領報告書 Receiving Report
経理部門 Accounting Department
 1)バウチャーパッケージ Voucher Package を作成する。
   バウチャーパッケージ Voucher Package = 発注書 Purchase Order + 受領報告書 Receiving Report + 請求書 Vendor's Invoice
 2)支払の会計処理
財務部門 Treasury 支払する。

◆購買、買掛、支払の統制のテスト
バウチャーパッケージ→買掛金補助元帳 計上漏れの確認
買掛金補助元帳→バウチャーパッケージ 過大計上の確認
銀行決済済み小切手 Canceled Check →バウチャーパッケージ 未承認支払いの確認

◆棚卸資産、生産の内部統制
 倉庫 warehouse =保管Custodyを行う
 →承認Authorization、記録Recordは行わない(職務の分掌 Segregation of Duties)
 →適切な物理的統制Physical Controlを行う
 →実地棚卸を行う

◆人事、給与プロセスの内部統制
人事部門 Personnel Department 人事情報の承認と保管。 人事情報 Personnel Record
従業員 Employee 現場での労務管理。タイムカード Clock Card、作業時間票 Job Time Ticket
経理部給与担当 Payroll 給与計算と支払いの準備。給与ファイル Payroll Register
財務部門 Treasury 給与支払いの承認と給与小切手の配布、保管。給与小切手 Payroll Check
内部監査部門 Internal Audit Department 人事情報Personnel Recordと給与ファイルPayroll Registerのモニタリング。
信用保険  Fidelity Bonds 給与支払いにかかわる従業員に不正に関する保険を掛ける。

◆人事、給与プロセスの統制のテスト
給与ファイル→タイムカード、作業時間票 不適切な労働時間の有無を確認。
給与ファイル→人事情報 不適切な給与レートの有無を確認。
給与ファイル→現場の観察 架空の従業員に対する給与支払いの有無を確認。
人事部門、経理部給与担当、財務部門の職務分掌を確認。

◆財務プロセスの内部統制
・Equity FinanceとDebt Finance
・取締役会Board of Directorsの承認が必要
・株式記録係等に委託する
・消却株式を管理する

◆投資プロセスの内部統制
職務分掌
 承認 取締役会
 記録 経理部門
 保管 外部の第三者(信託銀行等)、財務部
+内部監査人による実査 Physical Inspection

◆有形固定資産プロセスの内部統制
購入、廃棄Retirementの承認は取締役会
+内部監査人による実査 Physical Inspection

◆有形固定資産プロセスの統制のテスト
・PP&Eの帳簿→有形固定資産の実物
廃棄した資産Retirement Assetの過大計上
・有形固定資産の実物→PP&Eの帳簿
計上漏れの確認

統制の不備に対する監査人の責任
公開企業
 →内部統制監査の意見として表明する必要あり。
非公開企業
 →意見表明の必要はないが、会社側に不備を報告する必要がある。
  →重要な欠陥Material Weaknessや重大な不備 Significant Deficiency
   ガバナンスに責任を負うもの(取締役会)書面報告
  →その他の不備
   適切なレベルの責任者書面もしくは口頭で報告。

統制の不備の種類
Material Weakness 
 最も深刻な不備。直ちに改善が必要。重要な虚偽表示につながる可能性が50%以上
Significant Deficiency
 中程度に深刻な不備。直ちに改善が必要ではないが、放置しておくといずれ重要な虚偽表示につながる。現時点では重要な虚偽表示につながる可能性は50%以下。
Deficiency in the internal control
 通常起こりうる不備

◆統制の不備に関する報告文面
 Material WeaknessやSignificant Deficiencyは、報告対象が経営者に限定されていること(第三者の利用が制限されていること)を記載しなければならない


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進捗(下書き) | トップ | AUD8章 実証性テスト パート1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL