awajikisuiの預言研究日記-人類最後の福音

イエス「最後の審判」遂行のため日本に再臨、ペテロ「永遠の福音」出版、人類魂救済活動。

惑星NOX

2016-10-16 12:09:52 | 日記
~最後の審判~

福音書

「メギドの丘」63P


「霊なる神を見出さない者は、再臨のイエス・キリストと霊なる神の怒りで火に焼かれて消滅します。「私を認識する者以外、私はもういらない」と言われ、もうすぐ起こる霊なる神の、イエス・キリストの起こす大審判によって、火で焼かれ消されます。」


数年前にオカルトの世界で有名になり憶測を呼んだ「惑星ニビル」がこの11月に小惑星帯に突入し、隕石が地球を襲うという説がネットで流されている。まあ、次から次から危機情報が顕われ飽きない「人類滅亡説」の世界ではある・・・・。我々は逐一それなりのチェック<を行う。情報分析である。来月に起きるのは少し早すぎるとの結論であるがどうだろう?

隕石による地球水没は従来から言われてきた未来図であり、この形で地球は生命を絶たれると考えている。問題はその時期だけである。

それまでに一人でも多くの魂を「水晶の新地球に移行できるように浄化する」というのがこのブログの目指す世界である。ワンダラーに託された人類救済の実際でもある。

我々は「それなりの悟りを得る」必要に迫られている。神を見出さねばならないのである。私は「すべての宗教や組織から離れて生活の中に神の存在を見出す」という生き方を提唱してきた。そこに尽きるのである。神は我々を自らの愛という無償の存在である宇宙に生かしている。
簡単な気付にすべてが隠されている。充実の学びの日々をお祈りしたい。
「今」「ここ」「私」にすべてが存在している・・・・。

/font>
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
«  | トップ | 人類最後の福音=サタンから... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL