Aroma de Yui 香りでココロもカラダも健康な毎日

アロマセラピーで無理なく体質改善&スローライフ、2016年11月、オルゴナイトのある暮らし始めました

暑いときの疲労回復に

2017-07-12 20:30:20 | グルメ


香り工房"結"Katoです



連日暑いですね

昨日は、帰宅後、
掃除機をかけてしばらくすると
止まっちゃいました

壊れた?! と

モーター部分に触れたら、
アッチチ〜〜

安全装置が働いて止まったんです

収納しているクロゼットの中で
熱がこもってたんですね

今日は、蛇口をひねると、
お水のはずがしばらく
お湯になったお水が出てきました


さて、今日のオススメ料理は

生トマトで作るスープスパゲティ


材料
豚の薄切り肉
生トマト
ナス、シイタケ
(あるはずの玉ねぎがなかった〜〜)

準備
お肉を含め、1センチくらいの大きさに
カットします

調理
はじめに鍋に、
オリーブオイルとニンニクを入れて
炒めます

ニンニクの香ばしい香りが来てきたら
お肉から炒めます
火はあまり強くしないでください
お肉が硬くなります

お肉の周りが白っぽくなったら
野菜を入れます
順番はどれからでもOKです

しばらくするとトマトのスープが
出てきます

かき混ぜながら、焦げ付かないように
炒めていきます

全体に火が通ったら
調味料を入れる前に味見します

結構この時点で野菜からの
旨味が出ています

塩、コショウ、乾燥バジル
酸味を利かせたいときは
トマトピューレを加えてください

乾燥バジルだと香りが物足りない

そこで、ドテラのバジル登場
1、2滴で十分です!



スパゲティは別の鍋で茹でます

皆さんはパスタや麺を茹でるとき、
時間や火加減どうしていますか?

私の吹きこぼれない、茹で過ぎない
麺類の茹で方を伝授しますね


お鍋には、たっぷりのお湯はいりません
麺が浸る程度

そして、はじめによく沸騰させます
パスタのときは
塩を入れても入れないくてもいいですが

塩を入れたときは、
具の方は少し塩を控えめにします

そして、沸騰したお湯に麺を投入
はじめによくかき混ぜて、
お湯にしっかり麺が浸っているように
しましょう

そしてよくほぐしておきます
一回、ふうっと沸騰してきたら

はい! 火を止めます
そのまま、放置
そしてタイマー、
はじめは5分セット


その間にサイドメニューなど作るもよし
具の方に専念しましょう

そして、5分たったら
茹で加減を確認して、硬いようなら
1、2分さらに茹でます

茹で上がったら、
器にパスタ、具を入れて出来上がり



お肉をなぜ、ひき肉にしなかったか!?
ひき肉ってほぼ脂肉
薄切り肉を使ったほうが旨味がでます

暑い日は
豚肉に含まれるビタミンB群で
速攻疲労回復


ナスの紫はアントシアニン
トマトの赤はリコピン
シイタケには旨味成分がたっぷり
そして、食物繊維
きのこ類は特に
腸内の悪玉対策にもってこいです
ニンニクや玉ねぎも
疲労回復成分が豊富です


ここで精油のバジルのお話
バジルはハーブでもお馴染みですが、
と、いうことは抗菌、抗酸化成分


加えて、呼吸器系に良くて
冬の咳が出るようなときに
吸入すると、止まります
このときは少しずつ、
ゆっくりと吸い込みましょう

意外にも、サイプレスと間違えて
以前 お風呂に入れちゃったら
良かった
呼吸も楽! リラックス!
他の香りと合わせても良い!

このときはユーカリプタスでした

体も温まります














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手作りファンデ | トップ | 伝えたい 知ってほしい カラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。