Aroma de Yui 香りでココロもカラダも健康な毎日

アロマセラピーで無理なく体質改善&スローライフ、2016年11月、オルゴナイトのある暮らし始めました

まもなく1ヶ月

2018-02-23 19:00:15 | 持続可能な社会のために


香り工房"結"のKatoです

なかなかスキルが上がらない私ですが、
無垢なるお客様の笑顔を向けられると
私が何を目標にこの道を選択したかを
再認識します

私は介護職であると同時に
アロマセラピストです

アロマセラピーなら、
もっとシンプルにできるのにな、
と思う場面があります
浮腫、拘縮、
リハパンやおむつによる肌の乾燥、
関節痛、不眠など
風邪などの感染対策など

提案が出来るようになるためにも
私自身が一人立ちした介護スタッフに
なることが先決

ようやくパンク寸前の脳も
機能して来ました

昨日より今日、
今日より明日です、ね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いを新たに

2018-02-12 18:30:22 | 持続可能な社会のために



香り工房"結"のKatoです

施設介護の仕事に転職してから
2週目にはいります

まだまだ脳にカラダに
落とし込めていません

今日は早番

朝が始まったばかり
職場に向かいながら
朝が明けていきます

今日は三日月が輝いていました



毎日ハプニングの連続

定番は何1つないほど、学びでいっぱい

二週間、1ヶ月、3ヶ月
と時を刻んで

いつか浮腫や拘縮の方の
助けになれる日が1日も
はやくくることを祈りながら

まずは私が一人前になるように

今日も嬉しいことがありました
握った私の手を
「あら、あなたの手、温かいわね

その手をトリートメント
できる日がはやく来ますように

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさにターニングポイントの日です

2018-01-31 18:30:44 | 持続可能な社会のために


香り工房"結"のKatoです



訪問介護から、施設と介護業務へ

今日は訪問介護の登録をしていた
事務所に書類提出とご挨拶

昨年10月、未経験の私を
採用していただきました
感謝の気持ちでいっぱいです

仕事をしながら、社会と介護
介護をする方のケアは?
などなど思いは無限に広がります

ストレスではなく、
どうやったら介護する
ご家族の負担が軽くなるんだろう
悩むご家族みたら、
セラピスト、ヘルパーは誰もが、
私たちに何かできないか!?と
考えています



事務所から帰りの途中、
図書館に寄って
本を借りてきました

この三冊
宗教の信心はあまりありませんが
折に触れ、こんな本を読みたくなります



そして、憧れの北欧
今に至ったルーツを知りたくてこの本



今夜は皆既月食のスーパームーン
ゆっくり見れるようですが
雲が邪魔しないことを祈りつつ
たくさんのエネルギーを
いただきましょう

明日は新しい会社の研修が
東京で夕刻まで
夕方からまた雪〜〜の予報
さて、無事帰ってこれるのだろうか



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガイドヘルパー研修 修了しました

2018-01-28 21:00:16 | 持続可能な社会のために



香り工房"結"のKatoです


今日は終日ガイドヘルパー研修でした
2日目の今日は午前中座学、
午後は横浜駅周辺、教室から
電車を使って車椅子での移動支援の
実習でした

無事修了書を受け取りました

道は車椅子利用者にとっては劣悪
通行人のほとんどは車椅子の存在すら
気づいていない
バリアフリーなど程遠いですね

エレベーターの設置場所も
利用者にとって都合いい場所に
あるのではなく、
設置者にとって都合のいい場所です

介護は他人事ではありません

いつ、事故や病で介護が必要となる
カラダになるかもしれない
家族がその立場になるかも
しれないのです

外出をサポートするのは
やりがいのある仕事です

今回は研修の講師も
楽しい方ばかりで、1日楽しかった
参加のヘルパーさんたちとも
たくさん話ができて楽しかった

これからももっと実践に役立つ
スキルを身につけます

介護ができる高齢者を
目指して第一歩


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護アロマのワークショップに参加してきました

2018-01-26 14:00:46 | 持続可能な社会のために


香り工房"結"のKatoです

1/25 木曜
介護サポートセラピスト研究会 主催
「介護アロマ 実践編」のワークショップ
参加しました

開催場所は
上大岡にある「ウィリング横浜」で
介護に関連する研修設備が
あるところでした
介護ベッドや車椅子なども揃っています

介護ヘルパー、アロマセラピストが
参加しました

主に介護施設での業務の解説、
車椅子からベッドへの
移乗の練習です

アロマセラピストが介護での
アロマトリートメントをする際の
受ける方の身体の注意点など
解説していただいたので、
来月からの仕事に
すぐに役立つ内容でした

ワークショップの後のランチ会

在宅でアロマトリートメントが可能!
を知ってもらうには?

介護保険外のサービスとして
どのように発展させるか

有料であることの意味や意義
技術を提供しているのに
現場は、なぜ無料ボランティアを
想定してしまうのか

アロマテラピーの薬理作用への理解
機能改善や生活改善役立つことが
あるある、を知ってもらうには?

介護を受ける人だけでなく、
それを取り巻く人たちの
心身のサポートに
アロマテラピーを役立てたい

Hospitality は温かなもてなし です

ラテン語のHospitが語源で
客をもてなす

そして派生してhospital へ
以前は療養所も含まれていました

サポートを必要とする方に
自分だったら、こうして欲しいなと
思い描けば、1つ1つのことが
自然にできると思います


まだ、アロマセラピストの方は
介護の手が必要な方の
カラダの動かし方、扱い方が
わからない、知らない方が多い!

介護ヘルパーの資格は
取るほどでもないけどちょっとした
ケアの方法がわかれば
もっとアロマセラピストの活躍の場が
ひろがり、可能性は広がる!

そして、ヘルパーにも
ハンドトリートメントや
自然なタッチングがわかれば
より良いサポートができるのでは!

そんな思いで主催者の山崎美香さんは
ワークショップを企画してくれました


対処医療から予報医療の手段としての
アロマテラピーの可能性は広がる!

1人ではできないことも
2人なら4人なら10人ならできる!

私も仲間を増やして、
広げる行動おこします


介護サポートセラピスト研究会 サイト
https://care-ease.jimdo.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加