有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

統一教会の文鮮明教祖死去にあたって

2012-09-03 08:02:54 | 統一教会

(1)    統一教会(正式名称は世界基督教統一神霊協会)の文鮮明教祖が9月3日に92歳で亡くなった。私は四半世紀を超えて統一教会と闘ってきた。拉致問題解決に取り組むひとりとして、文鮮明氏が朝鮮戦争の動乱をきっかけに北朝鮮から韓国に移動し、そこで宗教団体を設立、反共産主義の立場から行動しつつ、生地(平安北道定州)に郷愁を覚えていたことに、南北朝鮮に生きる人たちの歴史の重みを感じている。

(2)    1954年に韓国で設立された統一教会は「混淫教」の流れをくみ、当初からスキャンダルにまみれていた。教祖の女性問題などが社会問題となったからである。密入国した信者が日本で布教をはじめ教団が設立されたのは1959年。東京都の認証をえて宗教法人となったのは1964年。そのころから強引な布教とマインドコントロールで社会問題となっていく。朝日新聞が「親泣かせの原理運動」と報じたのは1965年7月7日である。


(3)    60年代は親子問題として、70年代は「全国大学連合原理研究会」(大学原研)の活動を通して早稲田大学、青山学院大学など全国の学園問題として、80年代は悪質な霊感商法として社会問題となり、90年代にはタレントなどの合同結婚式参加をきっかけとして霊感商法、珍味売り、花売りなど「すべて」の行動の問題点が社会に明らかとなっていった。その起動力は文鮮明教祖のカリスマ性にあった。日本の信者に大きな傷跡をつけるきっかけは1975年に文鮮明教祖から発せられた送金命令である。統一教会幹部の証言によると、それからの10年間に毎月20億円、合計2000億円が教祖のもとに届けられた。「先祖の因縁」話などを利用した霊感商法など詐欺的行為による。警視庁の厳正捜査により、いまは公然と行うことはできないが、長年にわたって獲得したノウハウがあり、いつ再開するかは予断を許さない。ちなみに被害相談額は2001年までの25年間に1100億円を超えている。

(4)    日本の政治を歪めたのも統一教会である。冷戦時代に韓国に続き日本でも国際勝共連合が結成(1968年)され、最高時には衆議院、参議院で150人を超える「勝共推進議員」が生まれた。統一教会信者は公設、私設秘書としていまでも永田町に送り込まれている。文鮮明教祖が「竹島」に上陸しただけでなく、天皇陛下役の幹部が文氏に拝跪する儀式があることも幹部によって暴露された。いずれ世界が韓国語で統一されるなど基本的に民族宗教といえる側面がある。北朝鮮の平壌にある普通江ホテルの経営、合弁事業の平和自動車の経営や香港を経由しての送金など、「アジアプロジェクト」と呼ばれていた経済行為には今後も注目する必要がある。


(5)    信者たちはいたって真面目な人たちが多い。矛盾あるこの日本社会にあって精神の拠り所に統一教会を求めたのだろう。だが日本が朝鮮半島を植民地支配したことへの贖罪意識や「万物復帰の教え」などを通じて霊感商法などの反社会的行為にかき立てられてきた。自己破産や自殺者も生んだ矛盾を解決しなければならないとの思いを抱く信者も多い。生まれたときから信者として育てられた二世のなかには矛盾を抱える者もいる。「信教の自由」(憲法20条)の視点からも捉えていかなければならない。

(6)    「教祖は一代かぎり」とはカルト理論の基本である。ポスト文鮮明をめぐっては数年前から親子、兄弟間(3男VS4男、7男)の激しい対立が表面化している。教祖の逝去をきっかけに跡目争いはさらに激化していくだろう。なかでも教団の重要な資金源となってきた日本の教会でも対立はさらに深化していくだろう。カリスマ教祖の逝去というこの機会に純粋な宗教団体として生まれ変わることを心から期待したい。そうではなく霊感商法などを再開し、日本社会にさらなる被害をもたらすなら、統一教会に反対する弁護士、ジャーナリスト、父母などの関係者は宗教法人格の剥奪をめざし行動していくだろう。私も国会議員として引き続き統一教会を監視、批判していく。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

統一教会に「屈せざる者」と批判精神希薄な報道

2012-04-29 11:51:38 | 統一教会

 4月29日(日)統一教会と裁判を通じて闘ってきた郷路征記弁護士が「北海道新聞」の「ひと」欄で紹介された。郷路さんには『統一協会 マインド・コントロールのすべて』(1993年、教育史料出版会)の著作もある。1980年代後半から全国に広がった霊感商法との闘いは、「信仰の自由」を侵食する統一教会の勧誘の問題点を明るみにだすものでもあった。合同結婚式報道が霊感商法の違法性報道と結びついたことが統一教会の暗部を照らしていった。その背景にはテレビマンの誇りがあった。生放送で霊感商法の現場を再現した日本テレビなど、その最高峰である。ところが当時も教団に寄りそう報道を行うところもあった。TBSのある番組である。ディレクターの個人的資質・判断による番組編成に危ういものを感じたものだ。その再現が先日放送された「報道特集」だ。批判精神の希薄さが、結果的に統一教会を勢いづかせている。アメリカの統一教会では「大勝利」とのメールが飛び交い、イギリスでも同じような番組を放送させる働きかけが行われている。日本の統一教会は、財政的基盤であり、北朝鮮への送金の中継基地にもなっている。捜査当局の監視対象になっている根拠である。統一教会との闘いの歴史を崩していく報道には厳しい対応が必要である。

Photo

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

統一教会の居丈高な「警告文」を公開する

2012-04-25 17:19:48 | 統一教会

 4月25日(水)霊感商法など反社会的行為で知られる統一教会から「警告文」が届いた。ここに公開する。広報局などという名称が何の実質もないことは、以下の内容を見れば一目瞭然である。正当な取材行為で入手した資料を公開することは、どこのメディアでも行っていることである。それを法的手段などと脅すところが霊感商法団体の構成員らしい対応である。霊感商法被害弁連に所属している弁護士によると「あの程度のものは引用と同じで何も問題などありません」との判断だ。これからも必要に応じて文書を公開していく。それが問題ある団体を監視する国会議員の役割でもある。

120424

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「報道特集」(TBS)への疑問ーー統一教会広報局のメールを公開する

2012-04-23 09:28:15 | 統一教会

 4月22日(日)ツイッターでは「つぶやいて」きたが、ようやくブログを書くことができる。金曜日夜にTBSの「報道特集」(土曜放送)で統一教会を取りあげると知らせがあった。しかし残念ながら仕事が立て込んでおり視聴できる環境ではなかった。あとで見て驚いた。放送内容は統一教会に無批判で、あえていえば宣伝番組にも見えた。社会的に明らかに問題がある団体について扱うときには、必ずバランスを取るために批判者にも取材を行う。それはテレビだけでなく、メディアの基本だ。某幹部からは広報局の信者への告知メールもいただいた。それを資料として保存しておく。ここにあるように「教会幹部の主張や、私たちの活動内容が視聴者に届くもの」となったのだ。「報道特集」は文鮮明教祖の4男から取材するならば、烈しく対立している3男からも話を聞かなければならなかった。それとも続編が準備されているのだろうか。その取材が為されなければ完璧な宣伝番組である。担当したA氏はかつて統一教会に厳しい対応をしていた。このままならば、当時私たちに取材したのも、そのときどきの方便だったということになる。価値判断なき「報道」は「中立」を装った屈服である。そこで勢いついたのだろう。私が入手したメールをツイッターで公開したところ、著作権があるから削除せよと広報局の2人が居丈高に要求してきた。そんな屁理屈が通用するなら、メディアなど存在しえない。形式論理かつ粘着質に文句を言っている姿に、霊感商法など「法人としてはやっていない」という逃げ口上を繰り返してきた組織体質を見た人は多い。

「教会員の皆様へ
聖恩感謝申し上げます。
本日、21日午後5時半からのTBS「報道特集」で、統一教会関係の特集番組が約30分放送されます。
番組は、北朝鮮と太いパイプを持つ統一教会という観点で、TBSはこれまで3月24日の祝福式、國進氏インタビュー、平和自動車のパク社長インタビューをはじめ、リトルエンジェルスの練習風景、ヨンピョンリゾート、佐賀の日韓トンネル現場などを撮影してきました。
これまでの「元信者の告発、反対派の証言、隠し撮り」一辺倒の番組編成と違い、正面から取材申し込みをして、当法人でも先方と話し合いながら協力をしてきたものです。
とはいえ、教会寄りの番組となるかは不明です。
ただ、既存の報道と違い、ある程度は教会幹部の主張や、私たちの活動内容が視聴者に届くものと理解しております。
さらに、メディア渉外を進めながら、公正な報道の実現に努力していきます。

本部広報局」

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【資料】統一教会の内紛がさらに進んでいる

2012-04-18 16:07:03 | 統一教会
<style> <!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:10887 -2147483648 8 0 511 0;} @font-face {font-family:"MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 131231 0;} @font-face {font-family:"MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 131231 0;} @font-face {font-family:"\@MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 131231 0;} @font-face {font-family:"MS Mincho"; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-alt:"MS 明朝"; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-format:other; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:50331648 0 117702657 0 131073 0;} @font-face {font-family:"?? ??"; mso-font-charset:129; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-1879047505 165117179 18 0 524289 0;} @font-face {font-family:"MS Gothic"; mso-font-alt:"MS ゴシック"; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 131231 0;} @font-face {font-family:Batang; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-alt:??; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:roman; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:0 0 0 0 0 0;} @font-face {font-family:"New Gulim"; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:roman; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:0 0 0 0 0 0;} @font-face {font-family:Gulim; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:roman; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:0 0 0 0 0 0;} @font-face {font-family:"Malgun Gothic"; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:roman; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:0 0 0 0 0 0;} @font-face {font-family:"\@MS Gothic"; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-536870145 1791491579 18 0 131231 0;} @font-face {font-family:"\@MS Mincho"; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-format:other; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:50331648 0 117702657 0 131073 0;} @font-face {font-family:"\@?? ??"; mso-font-charset:129; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-1879047505 165117179 18 0 524289 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-unhide:no; mso-style-qformat:yes; mso-style-parent:""; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; text-autospace:none; word-break:break-all; font-size:10.0pt; mso-bidi-font-size:11.0pt; font-family:"?? ??"; mso-ascii-font-family:"?? ??"; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-fareast-font-family:"MS 明朝"; mso-fareast-theme-font:minor-fareast; mso-hansi-font-family:"?? ??"; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-bidi-font-family:"Times New Roman"; mso-bidi-theme-font:minor-bidi; mso-font-kerning:1.0pt; mso-fareast-language:KO;} span.shorttext {mso-style-name:short_text; mso-style-unhide:no;} .MsoChpDefault {mso-style-type:export-only; mso-default-props:yes; font-size:10.0pt; mso-ansi-font-size:10.0pt; mso-bidi-font-size:11.0pt; font-family:"?? ??"; mso-bidi-font-family:"Times New Roman"; mso-bidi-theme-font:minor-bidi; mso-fareast-language:KO;} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page WordSection1 {size:595.3pt 841.9pt; margin:30.0mm 72.0pt 72.0pt 72.0pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0;} div.WordSection1 {page:WordSection1;} --> </style>

國進理事長退陣とパクワン問題解決要求集宣言



は、國進理事長退陣とパクワン問題解決要求集して、のように決議宣言する。

世間でいわゆる「統一教王子乱」ばれる教会内紛は、過去数年間悪化一途を辿り、これ以上傍できない状況に置かれている。食口ら信仰らぐことは勿論、あらゆる法的訴訟消耗で、毎年数百億ウォン以上教会献金が浪費されている神様摂理は失踪し、間、千辛万苦いた統一教会父母位相までもが一瞬の間に崩れてしまった。

これまで、良心的統一家祝福家庭は、さまざまな方法で覚醒教会指導部が問題解決のために努力してくれるように何度も要求してきたが、このようなえとしい行動をむしろ教会に対する背信とみなし、彼らに対する深刻な人格殺人でほしいままにしてきた。

このままでは
びるしかない統一教会の問題を我々はこれ以上座視できないし、み旨を共にする統一教会祝福家庭連携して失墜した父母の権威と統一教会の位相を回復し、今日 -->

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

統一教会ーー二つの内部通達

2012-03-07 09:24:50 | 統一教会

 3月7日(水)昨夜は決算委員会の懇親会。9日には決算委員会が終日開かれる可能性が高い。その日は岡山で霊感商法被害弁連の集会が行われるが、残念ながら欠席せざるをえない。その会場で語る予定だった統一教会短信。日本の統一教会では2月5日に「真の父母様天宙祝福式(仮称)の案内」という通達が出された。3月24日の土曜日に韓国・清平清心ワ-ルドセンターで合同結婚式が開催される。さらに統一教会本部は、彼らのいう「拉致監禁」問題について指示を出した。各教区単位で年間最低二回はデモ行進をすること、ビラ配布、教祖自叙伝などを使った直接伝道を行うこと、さらに反対牧師対策を強化することが確認された。本部の指示で作られた「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」(代表、後藤徹)からの依頼として「拉致監禁開放プロジェクト」担当者を各地区ごとに招いて講演をさせるという(2~3月中)。そんな統一教会で内部分裂が進行しつつある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

進行する統一教会の分岐ー教祖夫妻の「再祝福」も火種に

2012-02-23 10:14:31 | 統一教会

 2月23日(木)今日は午後から法務委員会で大臣所信を聞く。カルト的な問題が大きいものから小さいものまで常態化している日本。統一教会でもさまざまな問題が噴出。いまでは文鮮明教祖派、妻である韓鶴子派、三男の顕進派に分岐している。2月2日には文教祖夫妻の「再祝福」が予定されたが、家族間の対立で中止となったという(3月に行うとの観測もある)。韓鶴子氏を宣伝する新しいビデオができた。ところが文教祖がそれを見て激怒したとの内部情報も寄せられた。韓鶴子氏は来日して全国を回るが、10月には顕進氏も来日予定。最大の経済基盤である日本を舞台に統一教会の分岐はさらに進んでいく。

Smm_feb_2_2012_wedding

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

【資料】統一教会ーー国際的に進行する内部対立

2011-11-29 15:28:11 | 統一教会

【世間には直接の関係はないが、霊感商法で知られる統一教会で対立が進行している。ここに紹介するのは文鮮明教祖の三男ー顕進氏のアピールだ。日本は四男ー国進氏が指導しているが、三男を支援する密かな動きもある。信者にも影響を与えている文書は、英語、ハングルでも広がっている。】

Photo

 

Photo_4

Photo_7

Photo_8

Photo_9



Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

米本和広さん代理人による「警告書」(笑)を公開する

2011-09-10 11:17:26 | 統一教会

9月9日(金)霊商法被害弁連の集会に出席。満席の会場。統一教会信者Uがストーカーで逮捕、起訴され、裁判が続いている。その被害者Kさんの証言が興味深かった。ルポライター米本和広さんから彼女に届いた慇懃無礼な手紙が映像で公開された。ブログで被害者の名前を公開したことに対する言い訳だ。会場からは呆れたといったため息があちこちで漏れていた。私は統一教会の現状、別働隊である尾行・盗聴・盗撮グループ「白い旅団」の動向や統一教会本部職員が興信所を雇っていたこと、事実無根の名誉棄損の記述をブログで広げることで謀略勢力と連動する米本和広さんの主張を報告。さらに届いたばかりの米本さん代理人による「警告書」も紹介した。文書は私が米本さんを統一教会を利するという意味で「御用ライター」だと評価することを「虚偽」だとする。冗談ではない。虚偽ではなく事実である。根拠をいくつか示そう。

(1)統一教会本部(渋谷区松濤)の前にある「愛美書店」では教会関連書籍が販売されている。そこには統一教会のいう「拉致・監禁」(実際には反社会的行為を繰り返す組織から子供たちを脱会させる家族の営為)を批判する米本さんの『我らの不快な隣人』が平積みされている。発売当初は「配慮」(信者の証言)から置いていなかったが、キャンペーンが行われるようになってからは、大量に購入するようになった。

(注) 米本和広さんと依存関係にある統一教会系「光言社」の小林浩(信者)社長。ブログでつまらない詭弁を吐いている。米本さんも「爆笑」とうれしそうだが、まったく虚しいカラ笑いだ。U裁判でも傍聴席で大笑いして裁判長に注意されていたという。「ゆとりがあると見せたいんでしょう」と傍聴者は感想を述べている。統一教会信者とはぐれ信者だけに支援されているのだから心情察してあまりある。「愛美書店」に米本さんの著作が「いま」置かれていないことは、かつて置いてあったことを現認したように、原稿を書くとき書店に確認している。それを「平積みされている」と表現したから、「いまでも」あると書いたと批判する。

 日本語の時制がまったく理解できていない。「いる」とは補助動詞で「ある動作、作用が行われない状態の継続を表わす」(『日本国語大辞典』)。最初は「置かれていなかった」ものがあるときに「置かれるようになった」経過を表現しているにすぎない。後段の「なった」に対応して読むべきで、「いま」置いてあるとはどこにも書いていない。

 「愛美書店」に私たちが書いた『脱会』が置かれていたこともある。そんなことは百も承知だ。米本さんに便宜を計った小林社長は、「愛美書店」で販売されていたから私も統一教会の「御用ライター」だとうれしそうだ。平常な思考があるならば低俗な詭弁だと容易にわかる水準の「忠言」だ。「愛美書店」が米本さんの著作を置いていたのは、統一教会の信者たちに肯定的に普及するためである。『脱会』を置いていたのは、統一教会に反対する私たちを批判・警戒するためのテキストとしてである。文脈が読めない懲りない面々である。狙いは問題を枝葉末節にすり替えることである。

 米本さんは「1年余り深い付き合いがあった」(米本さんの文章)女性と統一教会についてしばしば語り合っていた。ところが女性から昨年8月上旬に別離されると、「なんだったのかあの一年は」「心が冷え冷えしてくる」と5月20日に手紙を送り、「火の粉ブログ(注、米本ブログ)…、有田つぶやきへの返信などなど公開の場はたくさんありますが、その前にときおり、この住所や実家に(家人が読める)を出すことにします」と脅し、7月25日には実際に葉書(「さいたま局」消印)を送っている。不本意ながらこんなことまで書かざるをえないのは、米本さんが統一教会別動隊の尾行・盗聴専門の謀略グループ「白い旅団」と連動しているからだ。「白い旅団」統一教会「反対派」(弁護士、牧師、キリスト教関係者)の女性スキャンダルなるものを完全に捏造、その内容をブログで紹介した。米本さんはそれを事実と判断してブログで拡散した。他人について捏造された虚偽を公開する米本さんこそそんなことが言えるのか。「白い旅団」が創り上げた下品な捏造でなく米本さんの事実を最小限明らかにした理由だ。小林社長には米本さんの手記を「光言社」から出版して「愛美書店」に平積みすることを提言する。

(2)米本さんは2009年春に足立区と荒川区の青年信者たちに「手相勧誘、頑張ってますか~」と1時間半ほど講演を行った。この集会のことを米本さんはブログでこう書いている。〈「拉致監禁をなくす会」は、青年信者を対象にした勉強会の企画を考え、会のメ ンバーが北東京教区の教区長さんに申し入れました。当日、主催者側として参加したのは「拉致監禁をなくす会」から2人、それにゲストとして私。聴衆者は同教区の青年信者350人弱(大半は女性)。500人の青年信者がいるそうですから、かなりの信者が集まったわけです。私が会場で配ったのは、レジュメとPTSDに関する精神科医の論文などでした。会場となったのは足立教会の大広間。教区の幹部によれば、統一教会に批判的な人間が大広間でしゃべるのは、教会始まって以来のことだそうです〉。会場では『我らの不快な隣人』を販売、50冊ほどが売れた。

(3)米本さんはこの本の一部をハングルに翻訳してもらい、文鮮明教祖の4男で「拉致・監禁」問題を指導する国進氏に読んでもらうよう依頼している。

(4)米本さんは信者が組織した「拉致監禁をなくす会」代表の小出浩久さんから顧問就任を依頼されるほどの信頼関係を築いている。それもそうだろう。メンバーしか交流できない「メーリングリスト」で会員を「指導」していたのが米本さんだ。たとえばこんなことも書いていた。「後藤さん(注1)、「~~被害者の会」(注2)のサイトづくりは人不足のようです。エネルギーが余っているこの総務さんを サイトの共同管理者にし、いろいろやってもらえばいいのではないかと思います。文クッチンさんもきっと褒めてくれるに違いないと言えば、飛び込んでくると思いますが」。こんな記述は枚挙にいとまがない。

(注1)後藤徹さんのこと。 「拉致監禁をなくす会」副代表。12年5か月「拉致監禁」されたというが警視庁も東京地検も完全否定、東京第4検察審査会も「不起訴相当」と 判断。
(注2)「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」のこと。このサイトでも米本さんの著作は「お薦め本」として紹介されている

(5)何よりも統一教会最高幹部は私に「(米本さんは)利用できる」と語っていた。米本さんが取材の便宜を図ってもらっていた内部証言もある。

341

342


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「少女時代」と統一教会ーー読者からのメッセージ

2011-08-12 10:50:33 | 統一教会

  8月12日(金)統一教会のイベントに「少女時代」が参加したことについて以下のような読者からのご意見が届いた。たしかに日本と韓国では統一教会の社会的位置付けが異なり、国民意識(拒否感)も大きな違いがある。しかし日本の信者たちにとっては、それだけ有名なグループが「共感してくれている」といった宣伝にもなっていることを軽視してはならない。先にブログにも書いたが、著名俳優夫婦の親族が集会に出席したとの噂は、ここ数年も信者の間で語り継がれ、結束の絆となっている。とくに若い世代への宣伝、布教活動に利用されないことだ。(なお統一教会の正式名称は世界基督教統一神霊協会。略せば「統一協会」だが、教会は自らの略称を「統一教会」というので、私はそれを尊重している)

はじめまして。
ブログでの統一協会の音楽イベント、清心ミュージックフェスティバルについての
二日に渡っての記事を拝見しました。

韓国社会で統一協会がここまで力を持っているとは、大変驚いています。
少女時代は韓国では、日本でいえばSMAPや嵐のような国民的大スターですから。

ただ、この音楽イベントには、毎年、韓国の有名人気歌手が多数参加しており、
今年が特別だったというわけではないようです。

去年も、2AM(日本でも人気の2PMと同じ事務所)、キム・テウ、SISTARなど
韓流ファンであれば日本人でもよく知っている人気歌手が出演しています。


2006年には、日本でも大人気のKARAと同じ事務所のSS501というグループが出演しています。

このときの模様は、何とMnetという日本でも衛星放送のスカパーで見られる
チャンネルでテレビで放送されたようです。


当時のSS501は少女時代にも匹敵する人気グループで、今は活動休止中ですが、
リーダーのキム・ヒョンジュンさん(現在はぺ・ヨンジュンさんが設立した事務所に所属)をはじめメンバーは日本でも韓流ファンにとても人気があります。


韓流ファン以外の一般の日本人にも名前が知られているグループ(少女時代)が出演したのが今年が初めてというだけだと思います。少女時代の出演も、もし2年前だったら日本では話題になることもなかったでしょう。

歌手は自分の意思でどのイベントに参加するか決められるわけではないですから、
清心ミュージックフェスティバルへの参加は所属事務所の指示によるものでしょう。

ということは、韓国の大手芸能事務所のほとんどは清心ミュージックフェスティバルに所属歌手を参加させていることになります。

一部のインターネット上で言われている、
少女時代だけが特別に統一協会とつながりがあるかのような見方は、
逆にこの問題の正確な理解を妨げると思います。

統一協会の音楽イベントに毎年、人気歌手が出演することが普通になっている、
という問題を、ぜひブログで紹介していただけないでしょうか。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加