"よさこい"にかける青春!

何がこの人たちを
  夢中にさせるのか!

第14回 浦和よさこい 速報版!!

2017年07月23日 20時46分38秒 | 写真・あぶら絵展示会

2017-7-23(日)
南浦和駅前にて 第14回浦和よさこいが開催されました。
審査結果は下記の通りでした。 



速報

1位、武州武蔵

2位、霞童

3位、りゾンなるこ会 飛鳥

4位、夏舞徒

5位、サマージップ

6位、朝霞高校 若欅


今年は6位迄の発表でした。

お疲れ様でした。






 

 夏舞徒の躍りの4分半の中には 人生の悲喜交々・喜怒哀楽が含まれています。
だから待機の時も、踊り終わってからの行動も 他のチームとは異なるのです。
見終えた後に涙も出ます。
より大きな心を揺さぶる感動もあります。

それを表現すべく メンバーの皆さんは 目には見えない足のつま先から 手の指先までに繰り返し踊りを覚え込まさせる・・・。

会長が言っているように これは芸能・芸術の世界だと思います。



 よさこい祭りにはワイワイした元気、賑やかさ、楽しさが一番・・・そんな考えもあるでしょう。

その時、その街の祭りの審査方針に 合致しない時も多々あるでしょう。

 しかし私は いつまでも今の方針を 夏舞徒は貫き通してほしいと思います。


 昨日の総踊りの総合司会方のお話の仕方は べらんめえ口調でした。
なんとなく子供のころの懐かしさも感じました

 しかしながら昔のその地の有力者が祭りを仕切っていた当時は それが普通で、それでも良かったのかもしれません。
 しかし、市や街が主催する今の時代では 違うような気がしました。そんな感じ方をしたのは私だけだったのでしょうか。


是非クリックお願いいたします。
  
人気ブログ参加しています
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第11回 よさこい光が丘開催... | トップ | 第11回 よさこい光が丘開催... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (圭)
2017-07-23 23:15:23
お疲れ様でした。お疲れのところ早速アップありがとうございます。

光が丘より浦和と回数を重ねていく毎に夏舞徒らしい表現に近づいて来ているとは思いましたがまだまだ表現が出来ていない事が明確になりました。

さらなる進化を目指し練習して行きたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
Unknown (れみ)
2017-07-23 23:33:35
今日も一日ありがとうございました!
そして、お疲れのところ早速のアップありがとうございます。

頼りになる大きな存在の方々が抜けて、新しい2017の夏舞徒。
まだまだ頑張れることはたくさんあるな、もっと頑張らなきゃいけないな、
そんな風に改めて感じた一日でした。
まずは表情、ひとりひとりの感情をもっと思いっきり出し切れるように頑張ります!!
いつもどんな時も、応援してくださりありがとうございます(^^)
Unknown (やちママ)
2017-07-24 07:39:40
浦和お疲れさまでした。

浦和に参加してまた見えてきたものがありました。

彩夏祭にむけて頑張ります!
よろしくお願いします。
圭ちゃんへれみちゃんへん (aris)
2017-07-24 07:53:57
 お疲れ様でした。

浦和よさこい,1番2番でのコメントありがとうございます。

夏舞徒の演舞はもちろ
今回は1位、2位のチームの演舞も見るチャンスがありました。

お祭りらしい勢いもあり 練習量の豊富さも感じ

とってもどのチームも頑張っているなぁ そんな感じでした。

やちママさんへ (aris)
2017-07-24 08:16:52
3番目コメントありがとうございます。

12年間 夏舞徒の写真を撮り続けてきてよかったなぁ
今年もそんな気持ちで撮影しておりました。
夏舞徒Tシャツを着ていることに誇りを持てる
本当にうれしく素晴らしいことです。 

 彩夏さいまで 今日を入れて12日
行うことはたくさんあることと思います。
身体を大切に頑張ってください。
Unknown (たけしょー)
2017-07-25 18:34:51
アリスさん浦和も雨の中ありがとうございます(^^)
審査結果については正直個人的には満足しているところです。もちろん悔しい部分もありますし妥協してるつもりもありませんが、去年と比べてという観点なら大金星と感じてます。
夏舞徒に入って、個人的にもあちこちのお祭りを見て、どのお祭りにも審査傾向はあってそれぞれです。でもそんな中でどのお祭りに行っても評価されているということを考えれば、やはり夏舞徒の魅力というのは共通で伝わっているんだなと改めて実感しました。
大賞や1位は取れてないですが、入賞するほどの評価を光が丘でも浦和でも受けているということがとても名誉なことと個人的には感じています。
でも彩夏祭は別です。大賞を取らなければ個人的には満足できないお祭りになるでしょう。
残り2週間死必死に磨きをかけていきます。よろしくお願い致します。
たけしょーさんへ (aris)
2017-07-25 21:42:13
いつも内容の籠ったコメント うれしく思います。

審査結果については 光が丘、浦和とも 皆さんに次第に夏舞徒の舞が理解されてきている そんな気がしました。

演舞待機状態から 他チームと異なるその雰囲気に
「あれが夏舞徒だよ!」
観客からも注目の声が再三聞こえてきました。

祭を終えてから 後悔残らないように、残り2週間 頑張ってください。

浦和で 
サマージッパーの演舞が3位で
なぜ夏舞徒の演舞が4位であったのか? 
その差の説明がつく人は 浦和よさこいの審査員以外にはいないのです。

芸術にはそのような部分も存在します。
しかしたけしょーさんが言うように、やっぱり彩夏祭は別です。
大賞に向けて頑張りましょう。


 





コメントを投稿

写真・あぶら絵展示会」カテゴリの最新記事