ぼくらのありのまま記

ぼくらは
こんな大人になりました。

どう生きるかー。

2017-09-23 22:45:59 | 東京日記

人生でいちばん不安定な時期な気がする。
3年前に仕事を辞めた時とは違う不安定さ。

31歳と34歳は全然違う気持ち。
前回辞めた時は、とにかく逃げたかった。
旅をしまくり、たどり着いた気仙沼で働いた。

「まぁ何ヶ月かでもいっか。」と軽い気持ちで始めたら3年経っていた。

今回は、、、中々、そうもいかない。
ふらふらと「なにかできることあったら手伝うよー」という感じではなく。
「僕はこれが、できます。」とか、
「僕はこれが、やりたいです。」とか。

自分の価値をはっきり示していきたいなと思うようになった。

というか、そうやっていかないと、どんどんつまらない人間になっていく。



なにもない不安定さのなかで、信じきれることがあるかどうか。
それが、いちばんの希望。

この記事をはてなブックマークに追加

お酢にはまっている。

2017-09-22 09:13:25 | 東京日記
シャリに合わせるお酢を先週と今週で、4種類試した。
2種類の赤酢と、2種類の米酢。

今日は愛知の赤酢。



「なんでもっと前から、いろいろ試さなかったのだろう!」とお酢くらべをもっとはやくからすればよかったなぁと思った。

30歳で、初めて海外に行き「あぁもっと若い時から海外旅行行っておけばよかった」と思った気持ちとよく似ている。


4種類のお酢で酢飯つくるでしょ。味も香りも全然違うでしょ。それで、今度はこの4種類をブレンドし始めたら、、、。それを、他のお酢でも試していったら、、、。もう無数の組み合わせになるわけで、、、。


「終わりは、ないよ」というのはまさにことことだ。




愛知の赤酢は、ブリの藁焼きとめっっちゃ、相性がよかった。





例えば15貫、すしネタを食べたとして。
イワシ、かつお、カワハギ、、色々進んでいって、魚は一切れずつでも、シャリは同じ味が15貫続く。

苦手なネタが1貫あっても他の14貫でカバーできるけれど。シャリがダメだと15貫全て退屈な時間になる。



いやー、魚の勉強とともに、シャリの探求も進めないと。




最近、鮨会をやると、キッズが半分くらいいる。

家でやる鮨パは子どもがどれだけ騒いでも気にならないとこがいいよねー。


(そして、相変わらずイワシがよいっ!)



炊きたてから80分以上経つと食感や握る時の重さも変わってしまうから、その辺が難しい、、、。
いちばん鮮度が落ちやすいのは、シャリかもしれない。あ、海苔の方が鮮度落ちやすいか、、、。そして、海苔もせめないとなぁ。

この記事をはてなブックマークに追加

あれから一年。

2017-09-21 20:46:50 | 東京日記
行きたい場所に、ちょっとずつ、ツテができてきたり、
やって見たい体験が、できたりしている。

メール一本で、こんなに嬉しいものかと、
10月がくるのを、わくわくしながら待っている。
9月も楽しいけれど。

咳がとまらないのが、心配。

毎年、この時期になると、咳がでる。なんでだー!!
去年の9月にも咳が止まらなくなって、、、。

そういえば、それで禁煙して気がついたら1年経っていたー。
今は、全然吸う気にもならない。

気がついたら、一年。あっというまだ。


この記事をはてなブックマークに追加

鮨はおもしろい。

2017-09-18 08:24:11 | 東京日記
あらためて、鮨はおもしろいなと思った3日間でした。


「気仙沼に行ってレベルアップした?」

「それは、まちがいないね」

鶯谷以来に、鮨を食べてくれた友だちとそんな会話をして。
まぁ、鮨も喜んでくれたはず。

金曜日はプレイベントでふつうの鮨会をやったので、
お客さんが撮ってくれた写真をー。


(今年はイワシが当たり年。
モンゴルにいく前は、
築地のイワシは北海道ばかりだったけれど。
先週は西のものが多かったなぁ。)



おそらく技術は衰えている。
毎日毎日握っている訳ではないから。

それでも、気仙沼にいる間に。
「あ、今までで一番いい感じに握れている」
という感覚をつかんだ。
その感覚はずっとキープできている。


そして、、素材への理解が深まった。
牡蠣、ホタテ、わかめ。3種類だけだけれど、
毎日毎日、その3種類の食材と過ごして。


(フォアグラかよ!はお客さんの感想ですw)

例えば金曜日には厚岸の牡蠣を築地で仕入れたんだけれど。
「へぇ、今頃、卵持ってんのね。」とかすぐにわかるようになった。

これは、気仙沼に行かなくても、
わかることでもあるだろうけれど。

僕自身は牡蠣が苦手だったので、気仙沼に行かなかったら
牡蠣に興味を持つことすらなかった。
一番いい季節に2ヶ月くらい扱うくらいでいいやと思っていた。

それが、毎日毎日牡蠣と向き合う生活をするんだからなぁ。


(函館産のぶり、塩漬けのわら焼き。これも美味しかったなー)


あとは、なんのために握るのか。

鮨を握らない3年間で、考えてきたのはそんなことかなぁ。
結局答えはよくわかっていないけれど。


喜んでくれる人がいるから?
お金が必要だから?

このふたつは必ず必要なことだけれど。
目的ではなくて。
というか、そのふたつを目的にすると、
どんどん、自分がつらくなることに、気がつけた。


じゃあ目的はなんなんだ。
ということは、、、、
目的は今のところない。

目的はないんだけれど、やりたいことは、ある。

美しい景色に出会い、素晴らしい食材と、それを採ったり、
育てたりしている生産者と出会う。

それを鮨にして、だれかに届ける。




そして、知らない土地でも鮨を握る。
これは、超おもしろい。


会津で知り合ったおじいさん。
「この米、美味しいなぁ、どこの米だい?」

「これ、そこのスーパーで買った会津コシヒカリですよ。」

「そうか。いつも食べてるのにな。」


いつも食べている食材が特別に感じたり。
いつも過ごしている場所が、特別な場所になったり。

そういうのは好き。

鮨ってこだわればこだわるほど、高くなる。
音楽家はどんなに有名なアーティストのCDも
5000円あれば買える。
チケット数万円のコンサートもあるけれど、
中学生のお小遣いでも買えるCDでも
音楽には触れることができる。

鮨は100万枚も同時発売とかできないから、そうもいかない。
1000円の鮨もあるし数万円の鮨もあって。
どこで勝負していくのか、考えなければいけないなぁ。



この記事をはてなブックマークに追加

台風ですが、、、。

2017-09-17 08:33:04 | 東京日記
開催します。

フェイスブックの参加押したけれど、行けないよー。とか、全く問題ないので、無理なさらずに。


この看板が目印ですー。




島寿司はじめて食べる人にもウケてて、面白い。そして、これから進化の余地が、まだまだあるわ。



ただ、今日の後半、お寿司は売り切れ予想です。

仕入れはほんとに難しいです。



パッションと小笠原の塩、パッションジュースは、おそらく足りるかと。



昨日もたくさんお越しいただきありがとうございます。

今、僕は会場に向かっています。
山手線、西日暮里から秋葉原で乗り換え、日比谷線で向かう予定で「全然つかないなぁ。」と思っていたら。

気がついたら千代田線に乗っていました。

ちょっと遠回りですが、仕込みは間に合うでしょう。










この記事をはてなブックマークに追加