Tamu's memorandum

Since2012/7/30

【理系だからって嘆くことなかれ】大学1年でも既に…

2016年11月02日 | 手記(日記)
大学生は自由である。

僕は小学生の頃から、両親に刷り込まれるように「大学に行け。絶対に。」
と言われ続けて来ました。

そんな僕が山上のキャンパスで生物学を学び始めて早7ヶ月、何が一番最高なのか、

僕の目線で記しましょう。


朝の自由

_朝、眠たいです。早起きの僕もつらい。高校生の時は6時ごろ起きて7時ごろ家を出ていました(もっと早い人はいっぱいいたしね)。
大学に入って、一時限が空いている日、幸福な日です。
僕は講義がなくとも学校に行きますが、図書館が開館するのは9時以降。バイクで20分で着きますので、8:50分ごろまでに家を出ればいいのですから。

もし仮に、寝坊してしまっても大丈夫。

ゆっくりとコーヒーをドリップし、

ワイシャツを正して窓を開ける。






逆に、大学は講義外課題が多いです。
授業時間と同じくらいの課題時間をこなす。
学生の使命は勉強ですから。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日シリ終わってスポーツなに... | トップ | クラクションにご注意 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL