おにぎり2個の里みち歩き 農山漁村の今昔物語 Guide to Rural Life & Agriculture

おにぎりを2個持って農村・山村・漁村を歩き、撮り、聞き、調べて紹介。身辺事象もとりあげます。写真・文章等の無断転載禁止

江戸の昔からイチボウネ

2016年11月12日 02時27分46秒 | 農業

秋空、秋雲の下、稲刈り後初めての耕し、イチボウネ



伸び青める水稲ヒコバエをイチボウネで作土に混ぜ込む。水路に水はない



イチゴ苗の定植を終え、パイプハウス組み立てを終えてイチボウネ


人気ブログランキングへ ← Please click this green banner.
           ブログランキングに登録しています。よろしければ、左の緑色部をクリックしてください

 2016年09月29日、イチゴの定植を終えたTさん(弊ブログ2016年10月11日
 10月05日、定植苗の上にパイプハウスを組み立てた(弊ブログ2016年10月15日
 そのパイプハウスにビニールを被せ張るだけになった10月12日(注1)
 水稲ヒコバエ伸びる刈田をトラクターで耕すTさん(上の写真)
 稲刈り後、一回目の耕し

 この耕しを何と呼ぶかをTさんに伺う
 答えはイチボウネ
 やはりそうだったかと独りがってんの筆者
 
 すなわち、筆者は江戸時代後期の文字史料から、かつて次のように記した(弊ブログ2011年02月04日
   幸手市の弘化3年(1876)「農業日記帳」に「にほうない」の文字がある
   すなわち、2番目のうない・耕耘を指すニボウナイとなる
   類推すると、1番目のうない・耕耘はイチボウナイになる

 さらに、『鴻巣市史 民俗編』(1995年)に依拠して次のように記した(弊ブログ2011年02月05日
   イチボウネを、鴻巣市域ではイチボウウナイと呼ぶ

 上記のように文字史資料にイチボウネを確認していた
 この呼称を農業者に直接確認できた
 100年以上前から連綿と続くイチボウネを文字史料と非文字史料(口承)に確認
 よかった、よかった

 注1 ビニール被せ張りは10月13日(弊ブログ2016年10月23日
 執筆・撮影者:有馬洋太郎 撮影日:2016年10月12日 撮影地:埼玉県久喜市
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 屋敷林の生垣に赤い実 サネ... | トップ | アオジに心安らぐ秋の朝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。