おにぎり2個の里みち歩き 農山漁村の今昔物語 Guide to Rural Life & Agriculture

おにぎりを2個持って農村・山村・漁村を歩き、撮り、聞き、調べて紹介。身辺事象もとりあげます。写真・文章等の無断転載禁止

春告鳥ヒバリ 2017年初見

2017年03月08日 00時00分00秒 | 野鳥

左:♂(冠羽立つ)、右:♀ 2017年03月07日16:55



左:♂(冠羽立つ)、右:♀ 2017年03月07日16:58



左:♂(冠羽立つ)、右:♀ 2017年03月07日17:02

写真1・写真2・写真3 夕陽に映えるヒバリのつがい


写真4 天高く囀っていたヒバリが急降下した畑。ヒバリは白線内にいるはず
    しかし、筆者から20mほど前方、保護色ゆえ見つけ難い
    動きを待って撮る。2017年03月07日16:53

人気ブログランキングへ ← Please click this green banner.
           ブログランキングに登録しています。よろしければ、左の緑色部をクリックしてください

 春を告げる鳥、ヒバリの囀り
 2017年は03月02日に初めて耳に入る

 同じ所の5日後、空高く囀っていたヒバリ、直線状に真っ逆さまに急降下
 下りた畑は大輪古道の脇(写真4)
 姿を視認すべく目を凝らす

 ヒバリは周りの安全を確かめて移動し、しばらく静止した後に獲餌
 このパターンを繰り返すのは2羽、♂と♀のつがい(写真1~写真3)
 すなわち、急降下した畑に♀がいた
 野鳥の世界も春、繁殖期

 引用・参考文献等:大輪古道;弊ブログ2017年01月03日
 執筆・撮影者:有馬洋太郎 撮影日:上記 撮影地:埼玉県久喜市

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャガイモ植え <我が家の... | トップ | 農家も非農家も農業水路浚い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL