おにぎり2個の里みち歩き 農山漁村の今昔物語 Guide to Rural Life & Agriculture

おにぎりを2個持って農村・山村・漁村を歩き、撮り、聞き、調べて紹介。身辺事象もとりあげます。写真・文章等の無断転載禁止

タマネギ苗の定植 8条手植え

2016年10月29日 01時05分25秒 | 農業

写真1 1~8の狭小溝(条)にタマネギ苗を植える。左上に、植えているTさん夫妻 2016年10月26日14:00
     ⇔ の部分をTさん夫妻は植えながら移動


写真2 Tさんの8条ウネヒキ。2016年10月26日09:48。①を牽き、1~8の爪で狭小の植え溝(条)を掘る
     隣りの畝との境幅(植える際にTさん夫妻が移動。⇔ の幅)は、②あるいは③の爪を既存の端溝に下ろし当てて牽く


写真3 Tさん夫妻、タマネギ苗を植える。2016年10月26日13:59。苗は午前に取った(写真4)


写真4 Tさん、タマネギ苗を取る。2016年10月26日10:53
     細いけれど、伸びているので、まず写真1・写真3の畑に移し植える苗を取る
     白い息吐く畑にも移し植える(注1)。この畑に写真2のウネヒキが置いてある

人気ブログランキングへ ← Please click this green banner.
           ブログランキングに登録しています。よろしければ、左の緑色部をクリックしてください

 2016年09月16日、Tさんを含む8人で共同播種のタマネギ(弊ブログ2016年09月22日
 41日目の10月26日、Tさんは午前に苗取り(写真4)
 午後、奥様と二人で本圃畑に移し植えた(写真3・注2

 Tさんはタマネギ苗を植える前、8条のウネヒキ(畝牽き・手造り・写真2)を牽く
 牽いた跡の溝(条・写真1の1~8)に植える
 ウネヒキの爪数(溝数)は統一されてない
 たとえば、共同播種仲間のAさんは12条のウネヒキ

 さて、今秋、当地のタマネギ定植面積は増えると云われる
 本年2016年産タマネギの販売価格が良かった、高かったため
 20㎏当たり、例年は2,000円弱、本年は4,000円強
 佐賀県産タマネギが不作ゆえ(注3)
 2017年産価格は如何に
 
 注1 白い息吐く畑:弊ブログ2016年10月27日
 注2 Tさんの2016年産タマネギ定植(弊ブログ2015年11月24日写真1)
    2016年産タマネギ収穫(弊ブログ2016年05月24日)
 注3 車窓から見た佐賀県のタマネギ収穫:弊ブログ2016年06月19日
 執筆・撮影者:有馬洋太郎 撮影日:上記 撮影地:栃木県下野市

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カワラヒワ 河原・水辺にく... | トップ | 園児の自然体験 さつまいも掘り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL