おにぎり2個の里みち歩き 農山漁村の今昔物語 Guide to Rural Life & Agriculture

おにぎりを2個持って農村・山村・漁村を歩き、撮り、聞き、調べて紹介。身辺事象もとりあげます。写真・文章等の無断転載禁止

寒い朝 天空へ鳴くアオサギ

2016年11月08日 03時37分48秒 | 野鳥

写真1 06:38



写真2 06:33



写真3 06:27



写真4 06:22。右の♂が上のように3回鳴く


人気ブログランキングへ ← Please click this green banner.
           ブログランキングに登録しています。よろしければ、左の緑色部をクリックしてください

 2016年11月07日早朝、厳しい冷え込み
 三脚雲台照らすライトに筆者の吐く息白い
 なるほど、本日は立冬、旧暦や俳句の世界では冬
 
 白吐息で思い出すのはアオサギのそれ
 去春の寒い朝
 沼井公園ビオトープの浮島で抱卵中のペア(弊ブログ2016年04月23日のペア
 浮島に戻ったパートナー、おそらく♂(写真4)
 首伸ばし、天空へ向かいグャワー、グャワー、白吐息も上がる
 約5分の間隔で3回鳴く(写真3⇒写真2⇒写真1の順)
 
 なぜ鳴くのか
 浮島でいっしょのカワウに存在を誇示するため
 抱卵中のパートナーに安心安全を示すため
 いずれにしても定かでない
 巣はなくなり抱卵失敗(弊ブログ2016年06月20日
 
 執筆・撮影者:有馬洋太郎 撮影日:2016年03月15日 撮影地:埼玉県久喜市

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴボウ収穫 忙中の休憩 | トップ | 柿ちぎりの見聞撮 4年ぶり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。