おにぎり2個の里みち歩き 農山漁村の今昔物語 Guide to Rural Life & Agriculture

おにぎりを2個持って農村・山村・漁村を歩き、撮り、聞き、調べて紹介。身辺事象もとりあげます。写真・文章等の無断転載禁止

水田二毛作イチゴ 妻独りで苗定植

2016年10月11日 00時56分36秒 | 農業

写真1 イチゴ苗(とちおとめ)を定植するTさん(経営主妻)
     白ビニールは昨日(09月28日)立てたケタ(畝)が雨で崩れないように覆う


写真2 イチゴ苗は25㎝間隔で定植。その間隔に黒く印した(⇒の箇所)竹製モノサシ(自家製)を使う


写真3 イチゴ苗は、根が長く伸びている方をケタ(畝)の壁(写真4の白線)に向けて定植
     その方向に蔓を伸ばして実をつけるように。以上はTさん(経営主妻)のご教示


写真4 イチゴ苗は、親株から切り分けた蔓(人指し指・⇒の部位)をケタ(畝)の中央部に向けて定植
     白線の方向に蔓を伸ばして実をつけるように。以上は、経営主Tさんのご教示

人気ブログランキングへ ← Please click this green banner.
           ブログランキングに登録しています。よろしければ、左の緑色部をクリックしてください

 2016年09月28日午前、イチゴ定植用畝を立てたTさん夫妻(弊ブログ2016年10月01日
 その畝(ケタ)への定植は翌29日
 妻独りで植える(写真1)

 植え方の基準(経験知・自得)は、目指す方向は同じでも異なる
 写真3と写真4のように、目の付け所が異なる

 執筆・撮影者:有馬洋太郎 撮影日:2016年09月29日 撮影地:埼玉県久喜市

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の田 野鳥の餌場 | トップ | 秋の夕景 西に夕映え雲 東... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。