おにぎり2個の里みち歩き 農山漁村の今昔物語 Guide to Rural Life & Agriculture

おにぎりを2個持って農村・山村・漁村を歩き、撮り、聞き、調べて紹介。身辺事象もとりあげます。写真・文章等の無断転載禁止

姿川の水たまり 鮒鯉の群れ

2016年10月17日 05時12分44秒 | 魚等

写真1 鮒あるいは鯉の楕円状群れ


写真2 鮒(体高が高いので。)の列状群れ


写真3 鯉の成魚3匹


写真4 ハクセキレイ、待ち構える


写真5 鮒や鯉が群れる姿川の水たまり(⇐)。栃木県道44号の架橋から見撮

人気ブログランキングへ ← Please click this green banner.
           ブログランキングに登録しています。よろしければ、左の緑色部をクリックしてください

 姿川の水たまり
 波紋一つ、二つ、三つ、湧水と見紛う
 凝視すると魚の群れ、鮒や鯉(写真1~写真4)
 バシャバシャ、水飛沫上がり波紋広がる
 思うに、水浅く、酸欠
 初見の場景

 執筆・撮影者:有馬洋太郎 撮影日:2016年10月16日 撮影地:栃木県下野市

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 利根川の県道渡船 赤岩の渡し | トップ | 見撮機会少ない淡紫の花 コナギ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鯉は本流に帰れた? (安納)
2016-10-17 23:36:45
水溜まりに取り残される以前に逃げられない?
今日の雨で本流に帰れたでしょうか。
鯉が生息するのは水質が余り良くない下流並なのでしょうね。
水溜まりの鯉 (有馬洋太郎)
2016-10-18 02:24:50
安納様
 コメントありがとうございます。
 水溜まりになるとは思わず、淀みにいたのでしょう。
 雨降り増水で本流に帰れれば良いですね。
 鯉は、見た目に汚い流れも気にせず泳いでいますね。
 見撮時、200m弱の下流で、2人が鮎(?)釣りを楽しんでいらっしゃいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL