おにぎり2個の里みち歩き 農山漁村の今昔物語 Guide to Rural Life & Agriculture

おにぎりを2個持って農村・山村・漁村を歩き、撮り、聞き、調べて紹介。身辺事象もとりあげます。写真・文章等の無断転載禁止

橋を渡ると干し柿・あんぽ柿の里

2016年11月26日 01時15分45秒 | 農業

写真1 国道349号阿武隈川梁川大橋の向こう、小高い山は柿畑らしき様相


写真2 橋の中央部から見ると、やはり小高い山は柿畑だった


写真3 橋を渡り左岸堤防天端道に入る。写真2から右へレンズを向ける。望む小高い山も、谷も柿畑


写真4 さらに右へレンズを向ける。堤防脇・堤内に柿畑が続く


写真5 さらにさらに右へレンズを向けると堤外。そこも柿畑が続く

人気ブログランキングへ ← Please click this green banner.
           ブログランキングに登録しています。よろしければ、左の緑色部をクリックしてください

 小春日和、阿武隈急行線・やながわ希望の森公園前から徒歩(注1)
 阿武隈川の国道349号梁川大橋を渡ると柿の木いっぱい
 正面も、右も左も柿の木
 小高い山も、堤防の内と外も柿の木
 ここは、あんぽ柿の里五十沢(いさざわ)
 テンション高まる

 注1 弊ブログ2016年11月14日18日21日
 執筆・撮影者:有馬洋太郎 撮影日:2016年11月13日 撮影地:福島県伊達市

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 54年ぶりの11月初雪 楽しく歩く | トップ | なに なさってんですか199 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL