元気を貫く考え方(85・95才現役で)

健康寿命はプラス思考であること、良い「気」を持ち、日常の些細なできごとを元気になるような「受け止め方」をしましょう。

頭蓋骨のゆがみを直すサロン

2016年10月14日 | 健康
 私ワタシたち人間ニンゲンは、緊張キンチョウ(集中シュウチュウ・収縮シュウシュク)と 弛緩シカン(分散ブンサン)をくりかえしながら生イきています。人ヒトと話ハナしするとき、内容ナイヨウを考カンガえたりうまく伝ツタえようとして緊張キンチョウし、言葉コトバを外ソトに出ダすことで同時ドウジに弛緩シカンも行オコナっています。

 この緊張キンチョウと弛緩シカンをバランスよく繰クり返カエしていかないと体カラダがとても鈍感ドンカンになります。

 元々モトモト、体カラダはストレスや栄養過多エイヨウタカ、また仕事シゴトをすることで起オこる局部的キョクブテキな疲労ヒロウから、骨格コッカクなどが「あるべき姿スガタ」からずれていきます。そのずれ方カタは人ヒトによって違チガうのは当然トウゼンですね。しかしながら、人間ニンゲンの体カラダには同時ドウジにそれらの「あるべき姿スガタ」に戻モドろうとする働ハタラきが生ウまれながらに具ソナわってもいるのです。 このあるべき姿スガタに戻モドろうとして出デてくる一つの形カタチが頭蓋骨ズガイコツの「ゆがみ」です。

 そのからだのゆがみを直ナオすサロンに私ワタシは通カヨっています。 「頭蓋骨ズガイコツのゆがみ」を整トトノえて体カラダのゆがみを取トる、ゆがみを整トトノえて体カラダの悪循環アクジュンカンを食クい止トめる。ストレスや疲ツカれ、悪循環アクジュンカン等トウが原因ゲンインで頭蓋骨ズガイコツに固着コチャクした筋肉キンニクや皮膚ヒフをすこしずつほぐし動ウゴかしながら、骨ホネのずれ。ゆがみ、下サがりを整トトノえ本来ホンライの形カタチと柔軟ジュウナンさを取トり戻モドしエイジレスな身体シンタイへと導ミチビいてくれるサロンです。

 四季シキのある国クニに住スむ日本人ニッポンジンは冬フユに向ムかっては寒サムさから身ミを守マモる皮下脂肪ヒカシボウがつきやすい体カラダになり、夏ナツに向ムけては汗アセのかきやすいからだになったりします。
冬フユには風邪カゼを引ヒくこともあるでしょう。 風邪カゼの治ナオりはからだの自然治癒力シゼンチユリョクの一つです。かぜはからだの中ナカのいらなくなったものを外ソトに出ダす掃除ソウジのような役目ヤクメをしているのです。熱ネツは体カラダの持モつ防御反応ボウギョホンノウなのです。高熱コウネツに弱ヨワい細菌サイキンやウイルスの増殖ゾウショクを防フセぐために出デているもので、体カラダが正常セイジョウに働ハタラいている証拠ショウコでもあります。しかも熱ネツには、悪ワルい細胞サイボウだけを殺コロし、正常セイジョウな細胞サイボウを活発化カッパツカさせる役割ヤクワリもあります。

 健康ケンコウな体カラダとは、病気ビョウキにかからない体カラダではなく、たとえ病気ビョウキにかかっても自然シゼンに治ナオす力チカラを持モっているからだのことです。

 有川愚鈍  雑感
 お問合せ070‐5145‐3838



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老いるから死ぬ?若いから死... | トップ | 徳川家康の素晴らしき遺訓 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。