フォーラムはいぽ2課blog

ここでは「感動の場作り」の一環として、ハイポニカ(水気耕栽培)による栽培状況を適宜流しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二つの根

2010年05月07日 10時28分53秒 | トマトの樹の童話2009
奥が間引きされなかった芽の根。
手前が間引きされて根っこを失くしてしまった「根無し」の根。
適当な名前が見つからず、
とうとう根のある「根無し」のまま最後を迎えてしまいました。

でも間引きされなかったものと比べても、
全く遜色のないくらいしっかりと根が張っていますね。

栽培を常日頃している人たちには当たり前のことのようですが、
一度根を失くした茎からまた根が生えてくるというのを
初めて知ってえらく感動しました。

その時感じて日記に書いたことを再録すると、

生物は可能性がある限りは「生きる」ことを選ぶ

動物も植物もいろいろと教えてくれるものですね。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

最後の収穫

2010年05月06日 10時51分38秒 | トマトの樹の童話2009
片付け時の最後の収穫がこれです。
これは私が収穫した分ですので、K先生が収穫した分を加えると、
全体ではこの1.5倍はあったのではないでしようか。
数を数える気はしませんが、1000個まではどうかわかりませんが、
どう見ても500個以上は残っていたのではと思います。

もちろん萎びかけて干しブドウのようになっているものもありますが、
多くは張りのある丸い実のまま。
試しに食べてみましたけど、甘みはなく味も薄いものの、
水分はたっぷり有り、まだ充分食べられるレベルではありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな実がたくさん

2010年05月05日 09時27分32秒 | トマトの樹の童話2009
昨日も書いたように、茎に緑は若干残ってはいるものの、
既に緑の葉っぱは1枚もなく、
でもこんな真っ赤な実はたくさん着いていました。

この写真で見えるかどうかですが、
実の上にはちょっと白い粉がかかっている。
もちろん危ない「白い粉」ではないのですが(当たり前か・笑)、
もしかしたらうどんこ病の粉かもしれません。

今回の栽培では初めて病気が発生しました。
そのため前回までの栽培ならまだしばらくは栽培を楽しんでいた時期に、
枯れてしまいました。

なぜうどんこ病になったのか。
確かなことはわかりませんが、水温が下がってしまうと罹りやすいとか。
過去2回は冬越えでもヒーターを使いませんでした。
それで問題は出ませんでしたので、今回もそうしました。

教室内で栽培するには冬でもあまり水温は心配しなくとも大丈夫、
などと思い込んで市くったのがいけなかったのかもしれません。
去年の晩秋から初冬にかけては気温が低い日もあったので、
その影響かもしれませんね。

もう1箇所栽培してもらっていた「はらぺこ農園」でも、
去年の11月末頃に弱ってしまいました。
こちらは今年もお願いしていてOKが出ているのですが、
天候、気温が不安定な上、日程調整がうまくいかず、
種植えが延び延びになっています。
そろそろ始めたいとは思っているのですけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片付け

2010年05月04日 10時03分40秒 | トマトの樹の童話2009
ほぼ4ヶ月振りの日記になります。

少し前にK先生から連絡があって、
ミニトマトがうどんこ病もあって、すっかり枯れたとのこと。
二人の都合の付く日を合わせて、昨日片づけに行ってきました。

久々にミニトマトと対面したら、
「枯れた」というよりは白髪になったという印象でしょうか。
その白髪の中にまだまだたくさんの赤い実が着いている。
これはこれである意味綺麗な感じもします。

茎には若干緑が残ってはいるものの緑の葉は既になく、
にも拘らず赤い実はまだいい色で実っている。
なんか不思議ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お正月の夜の小学校

2010年01月03日 17時28分11秒 | トマトの樹の童話2009

うどんこ病等々、どうなってるのか気にしながら年越え。
かみさんの実家に年始に行っていた2日の夕方、K先生から電話。

翌日から1泊の旅行になるので、給水に来た。
補水してたら急にポンプの給水管の長さが変わってしまい、
本来の位置に水が落ちずに毀れてしまっている。
さらに給水間が劣化して小さな穴が開き、水が漏れていると言う。

なにせ、私も直ぐに帰っても1時間以上かかる所に居るし、
どうにも状況が理解できない。
K先生は、緊急避難で栽培槽のカバーパネルを破壊して、
とりあえず水が外にこぼれないように対処したと言う。

帰宅予定時間を少し早めて、K先生と小学校に駆けつける。
既に21時近く、学校に夜入るなんて何十年振りのことでしょう。

プラスチック部品が急に伸びることはありえないから、
何かの設定が間違っているのだろうと思った。
また給水管の劣化というのもあるかもしれないけど、
なにせそれもプラスチック製、
割れたり折れたりはあっても劣化で穴が開くというのは考えにくい。

最初は原因がわからなかったけれど、ようやくわかったのは
写真で水が出ているところの部品。
これは本来は下向きであるのだけれど、横向きに付けられていた。
つまりは水が出てくるところの口が、葉っぱの下の管に装着されていた。
そのためにカバーパネルの水が落ちる穴の位置と合わなくなっていた。

「劣化による穴」というのは、写真にもチラッと見えるけれど、
空気を取り込むために初めから開いているもの。
下向きについている分にはそこから水が飛び出すことはないけれど、
横向けに付けられていたので、そこから飛び出したんですね。

なんでそんな風に装着されていたのかはわかりませんが、
誰かが触った時にそれが外れて、方向がわからずに装着してしまった、
というくらいの推定しかできないですね。
とりあえずは原因がわかってホッとしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うどんこ病

2009年12月21日 16時26分18秒 | トマトの樹の童話2009

いよいよ年末。
年内に何回行けるかわからないので、思い切って行ってみた。

栽培している算数教室の先生が、葉に白い斑点が出ていると言う。
たしかに産毛のような、白いカビのようなものが出ている。

初めは病気ではないのではとも思ったけれど、あちこちに出ている。
これはやはり何かの病気ではということで、協和㈱に電話してみた。
そしたら、恐らく「うどんこ病」だろうという。

対策としては、エチルアルコール(エタノール)を使うのだとか。
罹病した葉が少ない時は、それを薄めずにガーゼ等に含ませて患部を拭く。
それでは間に合いそうもない場合は霧吹きで対応するとのこと。

担当のK先生が保護者と面談中だったため、
あとで連絡を取って対応するようにしましょう。
病気発生は初めてのことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよよ華やぐ

2009年12月16日 09時41分20秒 | トマトの樹の童話2009

「いよよ華やぐ」、そんな名前のお酒があったような、焼酎だったかな?
全体としては、息を吸った時にお腹を凹ますような感じで、
窓側の方向がまだまだ空いていますけれど、
もう上の方まで伸びた枝には沢山の花が咲き誇るようになってきています。

この写真も私の好み(笑)
手前に沢山の花が咲いていて、その後ろにも沢山の花が写っている。
窓側はグラデーションがかかった様に白く飛んでいる。
まさに「自画自賛」が続きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たわわ2

2009年12月15日 22時49分07秒 | トマトの樹の童話2009

なんだかんだと言って、前回から2週間も経ってしまいました。
今日の午後、行ってきましたが実がどんどん色付いてきていて綺麗です。

この写真、我ながら「好み」です(笑)。
いちおう手前の青い実にピントが合っていて、その奥に赤いのや青いのが見えている。
今の風景の一端は切り取れたかな、と。

根無しの実も、もう赤いものが増えてきています。
ただ全体的に窓側のほうがワンサカ蔓延ってきた、という状況にはなってません。
実とか花とかは元気いっぱいだし、茎も葉っぱも同じですが、
窓側が密林状態でどうにもなりません、って感じにはまだなってないです。
なんか物足りなさを感じてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たわわ

2009年12月04日 14時30分26秒 | トマトの樹の童話2009

毎年思いますけど、まるでブドウの房のようです。
成長と共に実はだんだん小さくなっていきますから、
最初の頃の実がやっぱり「見ごたえ」がありますね。

だんだん小さくなってしまうのは
高いところまで栄養が届きにくいからなんでしょうか。
それともなにか限界があるのかな。

明日から1泊で倉敷と大阪に行ってきます。
倉敷は久し振りですね。
修学旅行で一度、もう一回行った記憶があるのですが不明確。
30歳前後のときに岡山に何泊かしたことがあったから、
その時だとするとほぼ30年振りということになりますか。
随分と永い過去を持つ年齢になっています(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みっけ!!

2009年12月01日 16時17分26秒 | トマトの樹の童話2009

その後、根が有る「根無し」がどうなってるのかを写真で見せるのは難しい。
どの茎がどちらのものなのか、その根元まで辿っていかなければわからないけれど、
根元の辺りはジャングル状態で見分けにくい。

でも1本だけ前方にスクッと伸びて立ち上がっているのがあるので、
その写真を紹介しようかと思って工夫しては見たものの、やっぱり撮りようがない。
これだけ繁茂している中で、細い1本だけをわかるように撮影するのは無理みたい。

根無しの実はちっとも赤くならないのですが、
でもどこかにあっても良さそうと、あちこち探してたら「見っけ!!」です。
写真のように葉っぱの重なりの陰に隠れて1個赤くなってました。

写真も撮って帰ろうとしたんですが「待てよ」と。
とても見つけにくい所にあるので、そのまま誰も気づかないことも有りそう。
それじゃあ可愛そうか、ということで採って食べちゃいました(笑)。

前回食べた「本体」のものと比較もしてみたかったのですが、味の感想は同じ。
甘くはないけれど不味くはない、というよりは美味しい。
またまた表現に困ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加