パピヨン&フラワー

二匹のパピヨンとガーデニング、
 趣味、日々の出来事などについて、
        気ままに書き綴ります。

水上人形劇

2016-10-18 20:41:32 | お出かけ

今日はまた暑さが戻りましたね。

まだ半袖でも良い陽気でした。

明日は少し気温が下がるようですが、仕事中は暑く感じることがあるのでまだ半袖を着ていった方が良いかな。

 

さて、今日はベトナムで観た水上人形劇のお話しです。

ハノイの旧市街にあるタンロン水上人形劇場。

ベトナムの伝統芸能との事で、これは絶対に観たいと思っていました。

建物や劇場入り口は人でごった返していてとてもじゃあないけれど写真は撮れない状態(-_-;)

人形劇の上映中に写真を撮るなら1$。ビデオなら3$を支払います。

アタクシ達は写真だけだったので1$支払いました。

ベトナムって$も使えるんですよね。

我が家はたまたま$札を少し持っていたのでそれで支払いました。

 

 

席はだいたい真ん中辺りでした。

最初位置的に丁度良いなぁと思っていたのですが、アタクシ達の後に前列に座った小学校の高学年くらいの女の子達が劇が始まるとすぐに前へ乗り出して観始めたので、写真を撮るのも観るのも大変でした(笑)

最初に英語とドイツ語?で説明があったのですが、日本語はありませんでした。

ま、ざっと見たところ日本人よりも圧倒的にヨーロッパやアメリカの人達が多かったので、それは仕方ないのかもしれません。

でも、この水上人形劇ってベトナムへ行く日本人はほとんど観に行くみたいだし、日本語の説明があっても良いような気がしますわ。

ちなみにアタクシ達の隣に座ったのは台湾から来たファミリー。

「こんにちわ」と挨拶してくださいました。

 

 

向かって左側に座った人達が演奏と唄を担当します。

人形劇の始まる前のしみじみとした音楽がなかなか良い感じ。

 

 

どうしても前の人の頭が写り込んじゃいます(;´Д`)

 

 

この人形の動きはなかなか早いんですよ。

一体どんな仕掛けになっているのか。。。

 

 

人形のコミカルな動きに真剣に見入ってしまいました。

 

 

演奏している楽器。

名前は全くわかりませんけれど、この楽器もベトナムの伝統的な楽器なのでしょうね。

 

 

最後に人形を操っていた人達が挨拶に登場します。

この時場内は割れるような大拍手。

人形劇はベトナム語で何を言っているのかわからなかったけれど、それでも十分楽しめました。

一応日本語のパンフレットもあったので、ざっとどんな内容なのかもわかったし。

決して派手なショーではないけれど、観終った後にしみじみした余韻に浸れました。

上映時間は50分くらい。

毎日5回ほど上映しているそうです。

ハノイへお出かけのさいには是非どうぞ。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベトナムへ行って来ました。 | トップ | カナダ報告 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
水上人形劇 (月青)
2016-10-19 19:24:54
ハノイにいらしたのですね。
水上人形劇って、人形遣いの方々は水中で操作しているのでしょうか?
不思議・・・。
1度観たいですねえ。

↓すごいですねえ、バイク。
歩道橋なんて、またなんで作ったのかと思いますけど、
お利口な犬が使っているなら無駄ではなかったですね。
月青さん (アリココ)
2016-10-19 20:42:01
ハノイとホーチミンどちらにしようかと迷ったのですが、ハノイへ行くことにしました。

水上人形劇のパフォーマーさん達は腰まで水につかりながら幕の中で人形を操作しているようです。
水中に人形を操作する道具?があるのだと思いますが見ている限りでは全くわかりませんでした。
写真はないのですが、花火を使って煙がモクモクと立ち込めるシーンもありました。
言葉はわからなくても十分楽しめるのでお勧めです。

バイクの数はホント凄いです。
特に朝夕の交通量は凄まじかったです。
せっかく歩道橋があっても誰も渡らないし。。。
もはや地元のワンコ専用なのかもしれませんね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL