よりみち

気ままに映画と
大好きな人への
    思いを綴ります。

映画鑑賞 3本まとめてUP

2016-09-15 16:46:13 | 映画

                                       

                  「ハドソン川の奇跡」監督 クリント・イーストウッド    特別試写会  9/10    ワーナーB試写室

朝9時半から「にがくてあまい」を観て、日比谷にいき、3時半から「ハドソン川」を鑑賞と忙しい一日でした。待望の映画なので見逃さず
堪能してきました。 クリント・イーストウッド監督が トム・ハンクスを主演に迎え、2009年に ニューヨークのハドソン川に緊急着陸して
乗員全員が助かった奇跡的な航空機事故を、その時の機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化されました。
と川に浮かんだ航空機の翼に脱出した多くの人達の映像は、しっかり目に焼き付いていました。その時、操縦不能になった機内のパニック
コックピットの緊迫感は凄く、冷静にあらゆる手立てを探し、ハドソン川に着水成功させた、サリー機長を演じた、トム・ハンクスに感動し、
ジーンときました。でもこの映画は 全員が事故から生還したにもかかわらず サリー機長の判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会
の厳しい追及が行われます。ここが見どころです。瞬時の機長の判断を解き明かすミステリーです。久々、観てよかった映画に出会いました。

 
         "トム・ハンクス3年ぶり来日に空港騒然!大歓声に照れ笑い"       記事本文

         "トム・ハンクス、不時着事故に居合わせた日本人乗客に驚き!"     記事本文

 

                                               

                            「にがくてあまい」 監督 草野翔吾  初日試写会  9/10    TOHOシネマズ新宿

上映前に、監督と川口春奈、林遣都、渕上泰史、石野真子、中野英雄さんが登壇され、初日の挨拶が行われましたが、石野真子さんしか
知りません。今 活躍している 林遣都さんもはじめてです。映画を観て川口春奈さんの美しさを認識。やはりコミックがベースなので、軽く
感じる若者向きの映画。今どきの若者の生活を知る手だてにはなりました。日本映画は劇場の人集めの感あり、世の流れでしょうか・・・。

 

                                               

                                           「後妻業の女」 監督 鶴橋康夫   9/1    TOHOシネマズ新宿

新宿高島屋の「フレンドアイス」のトークショウの整理券を 朝確保して午後のイベントまで時間があったので、歩いて10分位のTOHO新宿に
行、どの映画にするか思案のあげく、面白そうな「後妻業」にしました。まさに大竹しのぶの独断場です。資産を持つ独身老人の後妻に収まり
多額の金品を貢がせ、死を急がせて、遺産を頂く後妻業の女を描いてますが、あきれながら、見事さに痛快すら感じます。遺族の不信感から
背後に結婚相談所所長の柏木(豊川悦司)の存在が発覚し 追い詰められ終わる物語です。次々罠にかかる老人役も津川雅彦、伊武雅刀さん
等、役者揃いで、出演シーンは短いけれど名演が見ものです。今更ながら大竹しのぶさんの上手さに感心し楽しみました。暇つぶしにいい映画。

            "大竹しのぶの演技に絶賛・「後妻業の女」イン モントリオール映画祭"  記事本文
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「マグニフィセント7」ス... | トップ | LBHssi トロントでチャン・ツ... »
最近の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事