よりみち

気ままに映画と
大好きな人への
    思いを綴ります。

"28回東京国際映画祭" Ⅵ

2015-10-29 10:13:10 | 映画

                       

                         特別招待作品「イングリッド・バーグマン」ドキュメンタリー   10/28  新宿バルト9

情報が好きなだけ入って来る現代と違い、スターの素顔、私生活は 知る由もありません。スクリーン上の美しい女優さんを愛するだけでした。
映画史上に残る バーグマンの生誕100年にあたり、彼女の輝かしい人生が、たくさんの秘蔵映像で綴られています。驚きは、幼少の写真入り
パスポートから、友人とこまめに交わした手紙など、豊かな人生を物語る遺品が 数多く残され、女優のイザベルを含め、子供達の存在もこの
ドキュメント映画製作 の力になっています。 往年のファンから バーグマンを知らない若者たちを、画面に釘づけなるほど感動出来る作品です。
名画 「カサブランカ」 「誰がために鐘がなる」 「ガス灯」の、相手役 ハンフリー・ボガード、 ゲリー・クーパー、 シャルル・ボワイエ、そして
ケリー・グランド、などスクリーンでしか知らないないスターの素顔を見ることも出来、本当に大感激の映画鑑賞でした。東京映画祭に感謝します。

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今年の東京国際映画祭の初日から 観た映画 4本は全て 実話を題材にした映画です。たくさんの映画の中から 12本選びチケット発売開始
と同時に、特に観たい映画から応募した結果、当選した4本です。 どれも素晴らしい映画だったので、今回の偶然に 有難いと思っています。
残るは、最終日の31日(土)に グランプリ受賞受賞作品を観ます。コンペディション部門の審査員の方々が 検討されている最中かも知れません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "第28回東京国際映画祭" Ⅴ | トップ | 「MEMORIES 追憶の剣」 劇... »
最近の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事