よりみち

気ままに映画と
大好きな人への
    思いを綴ります。

ネスレシアター「チャンオクの手紙」の岩井俊二監督のぺ・ドゥナ評

2017-03-06 20:27:46 | 映画

          

          [ネスレシアター]の"チャンオクの手紙"岩井俊二×ぺ・ドゥナ主演短編の視聴回数が 2週間で20万回を突破!
********************************************************
 本作は全編を韓国で撮影。「韓国でいつか映画を撮りたいとずっと思っていたので、今回は短編ですが、やっと夢が叶いました」と
本企画の実現を喜ぶ岩井監督。言葉の壁も全く気にならなかったそうで、「逆にどうしてこんなに言葉が違うのか不思議に思いました」
ぺ・ドゥナと初めてタッグを組んだ岩井監督は彼女の印象について「非常に自然で個性的で、素晴らしかった」と絶賛。これまで多くの
女優たちの魅力を引き出してきた岩井監督だが、本作でのぺ・ドゥナもどんなにつらくとも顔に出すことのない健気な主婦を自然体で
演じており、新たな魅力を見せている。岩井監督に、女優の持つ魅力を最大限に引き出す秘訣を尋ねると「特に秘訣というものはないの
ですが、日々どこかで人間を観察しているんだと思います」と回答。

*****************************************************************************************************

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「それだけが私の世界」... | トップ | 3月公開される注目の激辛韓... »
最近の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事