よりみち

気ままに映画と
大好きな人への
    思いを綴ります。

「光害」→「密偵」→「南漢山城」と無限変身する LBH

2017-09-20 18:12:08 | Lee Byung hun

         

           イ・ビョンホン、「光害」→「密偵」→「南漢山城」のキャラクター無限変身・・・MyDaily

  光海君8年、毒殺の危機に置かれた王に代わって、賎民が王の大役を引き受け支配することになり起る話を取り上げた「光海、王に
なった男」で、イ・ビョンホンは、冷血君主光海を カリスマあふれる演技で表現すると同時に、広大下賤を逆に親近溢れる 魅力を
プレゼントして1人2役の演技を完璧に消化した。 また1930年代日本植民地時代を背景に、抗日義烈団の組織と日本の警察は、密偵
との間の駆け引きの心理を描いた「密偵」(2016)で義烈枚精彩山に特別出演したイ・ビョンホンは特有の圧倒的な目つきと没入度の
高い演技で強烈な印象を残して 透徹思想の独立闘士の役割に変身した。 このように時代を行き来キャラクターを完全に消化する演技
変身で観客をとりこにしてきたイ・ビョンホンが「南漢山城」吏曹判書チェミョンギル逆に、高級演技力を披露する予定だ。
情勢を客観的に見る洞察力と国の運命を心配する心を持った吏曹判書チェ・ミョンギルは調整私に代わっの猛烈な反対にもかかわらず、
和親を介して危機を 克服しようとする固い信念を持った人物である。 イ・ビョンホンは重く繊細に感情を溶かした密度の高い演技を  
誇る。演出を引き受けた ファン・ドンヒョク監督は「「密偵」で義烈団団長 精彩山に変わったイ・ビョンホンの 目つきと声から 
真性性が感じられた。じっくり自己主張を広げながらも、説得力と心が感じられる 演技をする俳優はイ・ビョンホンしかないだろうと
思って チェミョンギル役を提案した」と明らかにした。  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第2回ロンドン・アジア映画... | トップ | ファッション誌「ARENA HOMME... »
最近の画像もっと見る

Lee Byung hun」カテゴリの最新記事