時の流れに身をまかせ~♪

あんまりセカセカした自分をいさめようと「時の流れに身をまかせ~♪」てみたら、こんなんなっちゃった~っちゅうことです。

メーホンソンからチェンマイへ6日目

2016年09月18日 11時42分02秒 | 旅行
2016/9/18(日)
あーん、メーホンソンもう一泊してもいいかな。
ほんとぐっすり寝ちゃった。
7時30分目覚まし時計で起きた。
朝食へ。
3組いた。
昨日なかったお粥。チキンが入っている、無茶苦茶おいしい。

9時のバスは間に合いそうにないし、あんまり遅くなるのも怖いし。
10時のバスに。
9時10分チェックアウト。
歩いてバス停に向かう。歩いてみると、20分程だった。
着いたときは行き先も決まってなかったし、暑かったし、30分かかった気がしたが。
途中、像の立っている公園風のところを最後にパチリとしようと立ち止まったら、立ち止まったらところの家?の犬が私の左手に触れて「ワン!!」びっくりした!野良犬に絡まれたのかと思った。
首輪してたし、いい番犬だな。
バスターミナルには英語ができるお兄さん。
10時のバスは一番後ろの席しかない、次も同じ、と。
いいよ。5Aの窓際の席へ。(250B)
ゆっくりチケットの説明をして、最後に「ありがと」と日本語で言った。

予約をしたときにはまだ後ろの席は空いていたが、私の隣はパーイの女の子、その横も10代ぐらいの男の子、私の反対側の窓際席が、老僧。

老僧はタウリン5000とか入ってそうな鷲のマークのドリンク剤を取りだしグビッ。(コンビニで見たらリポビタンDだった)
やる気だな。
走り出した後には、ケーキみたいな物をパクリ。
さらにしばらくして取りだしたオツマミみたいな袋菓子をモグモグ、お元気そうでなによりです。
10時10分前出発。雨がポツポツ。
メインの大きな通りじゃないバスターミナル近くの道を左折して街の方に向かう。通り一杯に野菜とか売っていた。朝市ってとこか。
まっすぐ行くと犬に吠えられた像の左側にでてきて、お参りしたワット・プラ・ノーンの道へ。
空港より奥まで進みおいしそうなフライドチキンのお店前やその先で乗客を乗せて、山道へ。
すごいヘアピンカーブの連続。
雨が激しい。スリップしないでね。
と、頭の左側が冷たい。
何か水が?
シートが濡れてた。見上げるとリヤウィンドウの上に水滴。
パッキンが甘いのか水漏れしているようだ。
雨!やめ!
雨漏りは最初の方だけで、雨も降ったりやんだり。
途中止まったかと思うと、ワイパーを取ってバシバシッと直してましたが、大丈夫か。
眠い。お尻いたい。
左端のシートカバーが破れてて、固いところが左の肩甲骨にあたり、車の揺れで後ろの席は乗客がユラユラするため(特に真ん中二人)痛い。
ウトウトし出すと頭を窓にぶつけて起きるをくりかえした。
でも、隣が若い痩せたお嬢さんでまだ助かった。
12時35分パーイに到着。

真ん中の二人は降りて行った。
トイレに行っておこう。(5B)掃除はされているのでどこも綺麗だが、手桶で流すタイプ。
手洗いはなかった。
パーイは人気の観光地だと今回知った。
小綺麗な店が多い。
予定到着時刻が13時だったので、それまで休憩かと思ってたら12時45分出発。

これだと乗り遅れる可能性があるね。
始発駅以外は要注意ということだ。
直前におじさんが乗り込み老僧の隣へ。

今回ミニバンに3回乗って思ったのは、席は助手席の1A、4Aを選ぶべき。
3Aは乗り降りの邪魔になるのでめんどう。ただし独立席。
次は234の右端かな?
ターミナルから乗るときは大きな荷物を後ろの座席下か、チェンマイからクンユアムまでみたいに上に積むか可能だが、他の場所から途中乗車した人は、大きなバックを座席で抱えることになり大変。

寒いので上着必要。

13時25分頃山道の途中でストップ。
隣のおじさんがかばんごそごそ。
ナイロンふくろから何か出しはじめた。降りるわけでもないらしい。
免許証みたいなIDカード?
他の人も出してる。
迷彩服のなんとかロイヤルアーミーと書いてある人が何か言うと、皆さん一斉にカードを掲げて見せた。老僧はしてない。
私もボーッとしたまま。
見回して迷彩服の人はすぐに退散。
ちょっと進むと山のてっぺんにロイヤル風な婦人(よく看板でみかけるぞ)の大きな幕があり、入口があった。
王妃の別荘とか?何?実家?
14時過ぎドライブインに着。

10分ほど休憩と。何もアナウンスがないので、率先して運転手さんに聞きに行く。
ゾクゾクとミニバンがとまる。
肉まんを食べようと思ったらあんまんを頼んじゃった。(15B)


昨日のとうもろこしをちょっと食べて、昼食終わり。
ミニバンにはすごいドリアン臭。
隣のおじさんが乗ってきた時からなんか臭ってたんだよね~。
老僧爆睡というかお尻が痛いのか位置をずらしまくり、隣のおじさんが居場所がなくなる。

老僧もだけど、メーホンソンの男の人はみんな形は同じで織り方や色の違うかばんをぶらさげている。

予定より20分程早く15時40分にターミナルにつくとタクシーのオッサンが寄ってきた。
道が説明できないので路上でつかまえるよりここで説明した方がいいかと150Bで頼んだ。
ソンテオで昨日予約したロハンゲストハウスへ。
オッサンは途中で迷っていた。
私がもう一度位置を説明し、少し戻ると発見。
オッサンは再び通り越していた。

人の良さそうなおじさんと英語ができる娘さんが対応。
キングスィート550B。

5階まで階段であがると踊り場なしのいきなりドア

建物は古いが、洗面やお風呂がきれいになっている。

かわいいガラスのドアを開けると

バルコニーからはピン川が見える

ドライヤーは箱のママ置いてあった。
TVは薄型。
テーブルと椅子があればよかったのにってぐらい。
タオルもバスタオルと小さいタオルがついてる。
ちょっとおでかけ。
近くの病院は日本語もかいてあった。

おいしいおやつ(30B)

名前忘れた。35B/1kg、500gほど買って20B

病院近くのセブンイレブンの横の店でカオマンガイ(40B)

一旦戻って夜ナイトマーケットに行こうと思ってた。この時は。
お湯がでるか試したがいっこうにでない。
ナイトマーケットに行くのに荷物を整理してたら、パスポートがない!
えらいこっちゃ!
さっきチェックインで出して、返してもらったっけ?
もしや、と1階におりて、コピー機の中を見ると、残ってた。
あぶね~。
おじさんがいたので、これこれ、私の!と笑って話していた。
その後、明日ランプーンに行こうと思う。ソンテオはこのあたりでひろえる?
おじさんはほとんどというか全く英語話せず。
でもランプーンとソンテオのワードで伝わってた。
乗り場を一生懸命教えてくれた。
それでまたここに帰ってくる。チェックアウトはしない。
というのも伝わった。
すごいな。人間って。
で、お湯出ないんですけど。は伝わらず部屋に来てもらった。
おっちゃんは私と同じ操作をし、電話すると言って出て行った。
多分同じ説明を受けていて、それでもでなくって、そのあとダメだ、出ないけど水で。。。的なジェスチャーで。。。
えええっと、それは無理です。
下のシャワーを使うかなど言ってた(たぶん)が、また降りて行き、いきなりブレーカーが落ちた!
真っ暗。。。
インドを思い出すなー。
何人かしかいないのにブレーカー落ちる?と次のホテルをさがそうと思ってたら、電気がついた。
おじさんがわざとブレーカーを落としたらしい。
で、姪っ子登場。
彼女が私たちと同じように蛇口をひねると、ヒーターがついた!
なんで?!
わけがわからんがよかった。
そうすると、おじさんが何かを伝えてほしいと姪っ子にたのんだ。
「おじさんが明日ランプーンのソンテオ乗り場まで連れていくと言っているが何時に行きますか。」
ええ、決まってない。
けどじゃあ8時で。
明日もう一泊しますか?
あ、はい(やめようと思ってたけど)
ってことでもう一泊。
時間は19時半。
もう出かける気なし。
やーめた。
無料のドリンクウォーターをフロントからもらってきてたので、それで我慢する。
明日はランプーンの藤田さんが建てた慰霊碑、その後メーワンに行きたいが、それはランプーン次第ということで。ランプーンでいいドライバーが見つかりますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まったりメーホンソン5日目 | トップ | ランプーン、バーンガート慰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL