異教徒たちの踊り

まるでリズムの悪い絵と日記のブログ。それでも____
楽しい出来事があればいいなぁ、と、言う、ブログ。

2016年10月17日 | Weblog
お仕事に誘ってもらってて、お仕事自体ややってみたいんだけど、単純に会社に行きたくない。
体が拒絶反応を起こす、元気なメンヘラですどうぞよろしく。

ダラダラと。

CG屋さんのお仕事って、ディレクターの趣味趣向をくみ取って膨らませて作業。
というのが主。

実体験のお話です。
自分はセルルックの3Dアニメーションがスタートでそれを基礎に仕事してます。
「セルルックで作ってます」
と言われ、作画的な表現かと思わせといて、
作業してみたら、「ペンシル使ってるだけでディレクターは3D表現が好きで2D表現は嫌い」
という場面に遭遇したことがあります。


そうなると聞いてた話と違ってきて、自分のその時点の能力じゃ足らなくなるのね。


自分は混乱しながらも、
ディレクターの好みがなんとなく見えるようになるのに半月くらいかかりました。

もちろん、好みがわかったところですぐにその表現ができる訳じゃなく。
今度はその好みの表現を習得するモードになる。

で、一発OKが出るようになるのに2~3年くらいかかりました。
やっぱ3年くらい働くとある程度安定してくるね。


会社に入って、まともにガツガツ働けるようになるには、どうしても時間が必要。



会社にお邪魔するのは
週3日くらいにしてもらって、ある程度自分の時間も確保したいなという願望があるのですが。
それで、自分自身が自信を持って作業頑張ってますと言える状態にできるのだろうか、
とか思います。

何がどうなるのかまだわからん…。
一番アレなのは自分が何をしたいのかあんまわかってない。
俺が作りたいのは楽しい作業環境であって、「この作業が好き」「こんな作品を作りたい」みたいなのが無い気がする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 壁の破り方。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL