もどってこ~い 赤とんぼ   

河原に蔓延る外来種のアレチウリを除去し 懐かしい日本の原風景を取りもどしたい
田園調布「多摩川グランド裏」での記録

2018年 初日の出

2018年01月01日 | 日記


明けましておめでとうございます。
今年も多摩川河川敷の初日を拝みました。
家から2分なので庭先の感じ。でも寒くて犬の「雪」もブルブル。



昨年11月から遊歩道近くに、水門改修工事の基地ができています。
船が往復して何やらやっているらしいー。大きなクレーン車の使い道は?





工事終了は4月で、アレチウリ除去作業には影響がなさそうですが、作業が遅すぎ!
税金の無駄遣いなのじゃないかしら…



カタツムリ

この記事をはてなブックマークに追加

水が引いた後のグランド裏

2017年10月27日 | 日記
台風の翌朝には水はほとんど引いていましたが地面が泥だらけ。
今朝、グランド裏に降りてみたらかなりひどいことになっていました。













水の威力に言葉もありませんね。



カタツムリ

この記事をはてなブックマークに追加

多摩川洪水 上流から種が流れてくる?

2017年10月24日 | 日記
台風21号がもたらした23日未明の大雨で多摩川が増水。川向こうの川崎では緊急避難命令も出されました。



緑地広場はすっかり水につかり、河原に降りることができません。



これでは犬の散歩も無理…


松の木の幹が見えない…


洪水は、時によってはアレチウリを流してくれます。
でも今の季節だと、上流から流れてくる土砂には完熟した種が含まれているはず。

府中や狛江あたりでもアレチウリの除去作業が終わっていれば良いのだけど……。


カタツムリ








この記事をはてなブックマークに追加

どこもここもきれいになりました

2017年10月03日 | 日記
今日は第9回の夕活。参加は5人と3ワン。
人数は少ないですけど、チクチクのトゲに悩まされながらも斜面で頑張りました。




昨日は、池上のMさんがグランド裏で日曜の自主作業で取り残したアレチウリをすっかりきれいにしてくれました。


その同じ日曜日、蒲田のSさんは遊歩道付近のアレチウリを鎌で刈り取ってくれ、今、河原は広々と気持ちの良い景色が広がっています。


もちろん今日の夕活後もこの通り。


それでも取り残しはあるのですが、今月末までには全てを除去できる見込みです。
余裕が出てきて、秋の花や訪れる鳥にも目が行きます。


小さくて見えませんね。


カタツムリ



この記事をはてなブックマークに追加

9月26日 第8回夕活 最大級の根っ子

2017年09月26日 | 日記
Mさんは根っ子探しの名人なのです。


すごい!今シーズン最高でしょう。


メンバーの息もぴったり。


今日の作業は、都市大グランドから下流に向かい、アレチウリを除去し、大きな根っ子を10本以上抜き取りました。
参加は6人と4ワン。




この辺りは水辺の景色が美しい。

中洲や対岸にもアレチウリがありそうです。

9月のアレチウリは青い実を沢山つけています。それが完熟し茶色になると、はじけて種を落とします。
とにかく今が勝負の時!


除去デー参加の「大田区環境マイスターの会」のTさんから、当日の集合写真が送られてきました。


皆さんに今日の根っ子を見せてあげたかった。


カタツムリ


この記事をはてなブックマークに追加

秋の除去デー 9月24日

2017年09月24日 | 日記
シーズン最後の除去デー、ボーイスカウト大田17団から50名をこえる参加がありました。
(差し入れのジュースが足りなくてゴメン…)


まるで遠足だね


「大田区環境マイスターの会」からは3名が参加して下さいました。
水辺まで降りての危険な作業です。


平均年齢が高いです


17団はこんな感じで、孫みたい



到着時のミーティング


作業中


除去したアレチウリは、散策路まで運び天日で枯らします。


暑さ寒さも彼岸まで。
アシの穂が風にゆれる光景には、疲れが吹き飛ぶよう。


皆さん、アレチウリの実のトゲに閉口しながら頑張ってくれました。
また来年もよろしく!


カタツムリ



この記事をはてなブックマークに追加

9月19日 第7回夕活

2017年09月19日 | 日記
除草工事がすんで見通しの良くなった河原での作業は張り合いがあります。
今日の夕活には、新しいメンバーのM子さんも入れて7名と5ワンが参加。





場所は前回と同じ花壇裏の斜面で、ここでも徳大のアレチウリの根っ子が見つかりました。



大きな柳の付近で除去したアレチウリ。



1人が5分間作業をしただけでこの位はとれます。

来週は上流の都市大グランド付近を攻めます。
アレチウリとの闘いもあと1ヶ月。
服に付くだけでもチクチクと痛い実のトゲがなやみの悩みのタネです。


カタツムリ


この記事をはてなブックマークに追加

ようやく除草工事 やっぱり在ったアレチウリ

2017年09月17日 | 日記
河川事務所による2回目の除草工事が一昨日行われました。
セイバンモロコシがきれいに刈られています。




これで河原の斜面に降りることがでしますが、こんなに沢山のアレチウリが生えていたとは!



道際の立木にも這い上がり木を枯らすつもりです。


見ぬもの清し。
セイバンモロコシで、アレチウリの密集を知らなかった私たち。
雨の連休が明けたら、かなり頑張らないといけません。やれやれ……



カタツムリ





この記事をはてなブックマークに追加

夕活再開 9月13日 根っこ太すぎ!

2017年09月13日 | 日記


Dくんもビックリ!



近年では珍しい大収穫。
場所は緑地広場の花壇うらの斜面です。



4時に集まったのは三人、後から二人がみえました。
豪雨のすぐあとでしたが、遠くに青空、風も爽やか。秋の夕活は良い気分です。



ただし、秋には困ったものが…

この実が茶色く完熟する前にアレチウリを取らなくては!


それに、水辺のアシがアレチウリに襲われ枯れ始めていたのもショックでした。


私たちに取られる前のアレチウリ。



来週の夕活も4時から。夕方が早く暮れるようになりましたね。


カタツムリ







この記事をはてなブックマークに追加

残暑太り

2017年08月31日 | 日記






今年は楽勝と油断をしていましたが、このところの残暑でアレチウリが息を吹き返しました!

グループ作業がお休みの8月は、メンバーの自主的作業でしのいでいます。

グランド裏には密集地帯がいくつか出現。慎重にアレチウリの根っこを探し、これ以上の繁茂をストップさせなければ。






アレチウリ



この記事をはてなブックマークに追加

第2回アレチウリ除去デー

2017年07月30日 | 日記
今日は、朝方の雨も止んで絶好の草取り日となりました。

曇り空の下に集まったのは、丸子の会と大田17団のベンチャー隊とボーイ隊。
そして後から参加した大田区環境マイスターの面々。
総勢で40名が2時間頑張りました。

スマホが不調で写真はダメ。でも除去作業の成果は上々!

グランド裏の通称1丁目から4丁目のアレチウリとオオブタクサをほとんど抜き取りました。

下手な写真ですが掲載しておきます。









そうそう大事な事を忘れる所でした。
今日の河原には「赤トンボ」が飛んでいました!
アレチウリが少なくなりアシが増えて、赤トンボが戻ってきた?
そうなら8年の活動が報いられます。


カタツムリ












この記事をはてなブックマークに追加

すごい根っ子が取れたわよ! 第5回夕活

2017年07月25日 | 日記


7月25日の夕活は、蒸して暑い日でしたが6人と5ワンが集まりました。

場所は都市大グランド付近。今までアレチウリが少なかった所に、今にも花をつけそうなアレチウリがびっしり。



でも、枯れ草の上を覆っているアレチウリは根っ子がたやすく見つかります。
20〜30本の太い根っ子を抜いたので、密集地帯も明日には枯れはてていることでしょう。



8月は夕活はお休みで、個人の自主作業となります。
でも、皆でする作業はやっぱり楽しいですね!



今度の日曜日は、今シーズン2回目の除去デーです。
実は私のチョンボで、ボランティアのSさんに、実施日を23日と伝えてしまったのです。
(Sさん、ごめんなさい!)

それでもSさんは、一人ぼっちで沢山のアレチウリを抜いてくれていたのです。



明朝に撮った写真なので半分位の分量になっています。
場所はグランド裏の遊歩道近く。崖っぷちで取るのも難しい所なので、本当に有り難く助かりました。


カタツムリ



この記事をはてなブックマークに追加

7月11日 第4回 夕活 都市大グランド裏で

2017年07月12日 | 日記
猛暑でも風があり、5人と3ワンが参加して夕活を実施。


Mさんがいれば、犬達のことは心配ありません。


作業は活動範囲である緑地広場のとなりの都市大グランド裏。
フェンス近くの茂みに沢山のオオブタクサ。



オオブタクサがあれば必ずアレチウリも。




メンバーには風邪ひきもいましたが、私達がやらなきゃ誰もやらない。
頑張るしかありません。




カタツムリ







この記事をはてなブックマークに追加

セイバンモロコシも少ない?

2017年07月06日 | 日記


雨も降り、気温も高かったのにセイバンモロコシの伸びが悪いような気がします。

しばらく繁茂が途絶えていたアカツメグサがこんなに生えているのも何だかヘン。



アレチウリも相変わらず顔を出していますが、密集ということはナイ。



オオブタクサも可愛いもの。



今年の河原はいったいどうなっているのか。

テレビでは、九州の記録的豪雨を伝えています。
もう今までの自然の概念は通用しなくなっているのかもしれません。


カタツムリ


この記事をはてなブックマークに追加

夕活 第3回 6月27日 ここも少ない!

2017年06月27日 | 日記
軟式野球場Dからサッカー場Bにかけて、5人の参加で作業をしました。





アレチウリの若芽を見逃さないように、下を向いての作業。

水際には特にアレチウリが少なく、増えてきたアシが浸食されることはなさそうです。



アシのそばに生えているのはシャクチリ「ソバ」。アレチウリに良く似ています。



しかし油断はできません。ジャノメギクのそばにアレチウリがありました。



アレチウリが少ないせいか様々な植物が顔を出しています。
夕方には萎んでしまうヒルガオがまだきれいに咲いていました。



6月ひとつきで、活動範囲1キロメートルのアレチウリを取ることができました。
こんなことは初めて。まさか7月に大量発芽? 絶対にあってほしくない……


カタツムリ





この記事をはてなブックマークに追加