シャルク版。

2017-05-19 | コンサート

今宵は、ブルックナーの5番。
ブルックナーはごく一部溺愛している曲があるだけ。
版についても存在は知っているが詳細となると…。
素人でもわかるフィナーレは、「その昔、社会主義リアリズムというものがありました。」
といった風に聴こえました。
まあ、共産圏のオケって実演では数えるほどしか聴いていないのだけれど。

何処かで書いたけど、この指揮者にはもっと多彩な演目を期待したいものです。
ハウエルズとか、ルリエとか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄り道 | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。