愛知県歴史教育者協議会

愛知県歴史教育者協議会の研究集会、フィールドワーク等の予告と活動報告

愛知サマーセミナー2017

2017-07-12 08:38:23 | 日記
毎年、愛知県内の私学教員・保護者らで会場もちまわりで行っている愛知サマーセミナー。2000講座?
会場校の宮城さんから三つ、紹介を受けました。

□7月15日(土)3限
13:10~14:30
講師:益川敏英
(名古屋大学特別教授、理学博士、愛知サマーセミナー2017名誉校長)
場所:同朋大学 成徳館12階ホール
演題:科学者と平和・主権者として生きる事
コーディネーター:松田正之
(同朋学園学監、理学博士、元愛知教育大学学長で、愛知教育大学平和憲章制定に尽力)
ノーベル物理学賞を受賞された益川敏英先生は、常に「科学と人間」について考えておられます。高校生、教員も加わり、「主権者として生きる事」を世代を超えてシンポジウム形式で討論します!

□7月16日(日)2限
11:10~12:30
講師:親川友里、平仲稚菜
(沖縄の大学生で実現型ディスカッション学生企業「がちゆん」のメンバー)
場所:同朋大学 博聞館205室
演題:沖縄平和講座
親川さんは、高校時代に同朋高校放送部の沖縄ロケ・インタビューに応え、映像作品「沖縄戦・肉弾攻撃」に出演、その作品を見ながら当時を振り返って語ります。
がちゆんは、本土高校生を壕(ガマ)に案内したり、現地で平和学習会を企画。
その経験から当日は、沖縄戦から沖縄米軍基地を参加高校生と考えるディスカッション型講演を行います。
3限目(13:10~.14:30)は、下村健一のメディアリテラシー論をへ。4限目(14:50~16:10)には、同じ会場でフリージャーナリストの下村健一さん(元TBSテレビ「筑紫哲也News23」ニュースキャスター)、地元大学生高校生で平和討論会も行います。

□7月17日(月 祝)2限
11:10~12:30
講師:山田朗
(明治大学教授、平和教育登戸研究所資料館館長、歴史教育者協議会委員長)
場所:同朋大学 成徳館406室
演題:戦争遺跡としての登戸研究所
軍の秘密戦用の兵器(風船爆弾・暗殺用毒物・細菌兵器・偽札など)を作っていた機関です。その歴史を解き明かし、実態解明のきっかけを作ったのが、高校生と教師だったことを紹介されます!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国大会へ(に)参加しまし... | トップ | 50周年記念講演会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。