景色

とおりすぎていく日々のなか
景色のなにかが
わたしに触れる

ワタシの夏

2017-07-13 | weblog

クマゼミの大音量に寝坊もできず
ベランダを開けるなり
音の塊が飛び込んでくる
というワタシの夏は去った

マンション一階の庭木、クロガネモチは
三階まで伸びてきていた
夏はクマゼミの出会いの場
赤い実がなるころはヒヨドリや
色んな鳥の食堂だった

ヒヨドリの甲高い鳴き声は
正直うるさくはあった

あまりの騒音に住人が切れたのか
苦情がでたのか
昨年のある日
チェンソーの音が終日鳴りわたり
大きな木は姿を消した

なんだか静かな夏を迎えている




『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A Killing Frost | トップ | 我慢しない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。