景色

とおりすぎていく日々のなか
景色のなにかが
わたしに触れる

嵌まる・2

2016-12-13 | weblog

韓国ドラマに嵌まり
100話以上も観たら
それなりに韓国の俳優にも嵌まり
韓国語にも嵌まった

昔っから主役よりも脇役、チョイ役の俳優に
嵌まるワタシだが
<ホ・ジュン 伝説の心医>で嵌まったのはナムグン・ミンだ
決してイケメンだからではない
上手い、本当に上手い役者だと思う
韓国の高橋一生クンとひそかに名付けた

主役ホ・ジュンのキャラクターより
彼が演じた役柄のほうにはるかに共感したこともある
優秀な父親に負けない頭の良さはあるのに
医者としての資質に欠けるものをみた父親は
赤の他人のホジュンにその資質をみいだし
医者としての父親は息子よりもホジュンを認める

ひたむきに愛を向ける相手の愛はホ・ジュンに向かう

努力を惜しまない
ホジュンには負けられない
負けたくない
学んでも学んでも
どれだけ学んでも
どうしてもホジュンを超えることはできない
勝ち負けではない
自分にはホジュンが持っているものを持っていない

人が持っているものを羨んだのではない
自分にないものを人が持っている

しかし自分にはなかったのだ
ただそれだけのことを
認めて受け入れることができるのに
何十年もかかった

長い年月にわたるさまざまな感情の機微を
感情を顕わに表現するのではなく
ナムグン・ミンは眼で表現してくれた

もう、彼から目が離せないワタシだった
そして声がいいのだ
声と目に嵌まりましたー


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嵌まる | トップ | 2016年最後の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。