ホームメイトFC観光通り店 株式会社アレックのスタッフブログ

食べ飲みだったり、iPhoneだったり、パソコン関係だったりの話題がメインです

青森市 木造住宅の耐震診断に実際にかかる費用と、その時間

2016年09月19日 | 耐震基準適合証明書
こんにちは

株式会社アレック代表取締役の山本英雄です。

元のページに戻る

青森市 木造住宅の耐震診断に実際にかかる費用と、その時間

↑これをテーマにお話をさせて頂きます。

今回は先に結論から言わせてもらいます。

診断にかかる時間:2時間〜5時間
建築事務所で実際にかかる費用:建築士の時給×2時間〜5時間

掘り下げて説明をさせて頂きましょう。

一般的に、相場で言って、耐震診断の費用ってどのくらいかかるとお考えでしょうか?

正確には、「木造」の耐震診断ですね

さらに言うと、旧耐震基準の昭和56年以前に建築された「木造」住宅の耐震診断の費用

ざっくりと言うと、20万〜30万くらいかかります。

でも診断にかかる時間ってどのくらいですかね?

よく専門家を拘束する時間とその費用については議論されますが、

相場で言えば、10,000円〜15,000円/時間というところでしょうか「士業」の特徴として

逆算すると、20万〜30万費用を要求するってことは、20時間〜30時間はその仕事につきっきりになるってことですね

んーーー、そんなに時間かかりますかね?

その通りです。「そんなに」時間はかかりません。

現地の確認をするにあたって、1時間〜2時間ってところですね

計算書を作るにあたって、1時間〜3時間ってところ。合計で2時間〜5時間ってところですかね

じゃぁ1発2万〜5万ってのが適正かと思います。

ところが、じゃぁそこまで、その仕事の分母ってあるんですかね?答えはNOです

この辺からなんでそんなに高額なの?という問いの答えは簡単だと思います。

業界の摩擦を考慮して敢えてここでは言いませんが。

当然、建築士、建築事務所の責任という概念も関わってきます。

20万〜30万の費用がかかる

この理由は、下記の語句を組み合わせて、文章を作れば容易にご理解頂けると思います。

1、建築士(国家資格)
2、建築士事務所
3、責任
4、耐震診断の仕事の少なさ
5、耐震診断から改修工事へ発展する確率の低さ
6、耐震診断計算ソフトは15万〜

文章例は敢えて作りません。なんとかご理解ください

元のページに戻る

目次

当社ホームページ

当社Facebookページ

既存住宅売買瑕疵保険のことなら株式会社アレックまで!

火災保険と瑕疵保険の違い

瑕疵保険 保険金をお支払できない場合(免責事由)

瑕疵保険 保険の対象となる部分

瑕疵保険 もうちょっと掘り下げてみよう

瑕疵保険 検査で不合格 そこから加入までの流れ

昭和56年以前に建築された住宅でも住宅ローン減税を受けたい

瑕疵保険 加入するまでの流れ

住宅ローン減税制度の利用の仕方

耐震基準適合証明書の発行の仕方

耐震基準適合証明書で得られるメリット!

株式会社 日本住宅保証検査機構(略称 JIO)


青森の不動産会社は株式会社アレック!
賃貸・売買・管理・投資物件!
不動産査定ももちろん無料!
アパートの家賃査定ももちろん無料!
売買にともなう耐震診断も「まさかの」無料!
不動産のことならなんでもござれ!


ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青森市 木造住宅耐震改修の... | トップ | 青森市 旧耐震基準の建物全... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

耐震基準適合証明書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL