男と女の友情はあり

あと自分は異性の友達と遊ぶけど相手が同じようにするのは許せないっていう人はまるで意味が分からない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滑りやすい岩や急流に足を取られないためには練習が必要だと話すのは

2017-02-13 16:54:53 | 日記
自分の子どもが1人、2人にとどまらず3人までも急流に押し流され、滝から落ちる光景など、どんな母親でも見たくないだろう。

 だが、まさにその事態が現実に起こった。2016年8月、米アラスカ州のブルックス・ロッジ近くで、ヒグマの母親の目の前で子どもたちがおぼれかけた。最近公開された映像の中に、この出来事が収められていた。

 アラスカのヒグマは水に慣れている。夏と秋の大半を冷たい川の流れに入って過ごし、産卵のために遡上してくるサケを捕まえる。(参考記事:「【動画】川で遊ぶクマを至近距離で撮影した」)

 しかし、滑りやすい岩や急流に足を取られないためには練習が必要だと話すのは、カトマイ国立公園の資源管理・科学主任のトロイ・ハモン氏だ。この映像は同公園で撮影された。

「クマは生まれつき泳げるわけでも、水中で器用に動けるわけでもありません」とハモン氏。彼は、カメラに映っている子グマの年齢をわずか2歳と推測する。「そういった技能は後天的に身につけるもので、クマたちが練習している場面をよく目にします」
http://tblo.tennis365.net/aoeuorarar/2017/02/13/szdfsdfsdfsdfewr/

 母グマは子グマに魚の捕り方を教える。そして、映像のように子グマが足を滑らせることも珍しくないのだろう。それでも、母グマはすぐさま子グマのところに駆けつけて安全を守った。
クマが溺死することはある?

 世界各地の大自然を撮影し、中継しているサイト「Explore.org」のライブ配信カメラが記録した映像には、3頭の子グマが見える。流れにのまれるのは怖かったはずだが、およそ1.8メートルの滝を落ちた後、3頭とも無事に岸まで泳いだように見える。
http://kjbyby.net/show/24c2u48
http://kjbyby.net/show/9rnmid7

 米国魚類野生生物局、ハイイログマ回復対策室の野生生物学者、ウェイン・キャスワーム氏は、子グマが溺死したという報告は受けたことがないと言う。

 だが、それは「起こっていない」ということではない。

「1年のうち、春はまだ子グマが小さく、川やその支流が雪解け水で増水しているため、そこを母グマが渡ろうとしたときに子グマが流されておぼれ死ぬ、ということは確実にあるでしょう」とキャスワーム氏。

 ハモン氏も同意見だ。数年前、ある来園者から「公園の奥地で子グマが密猟により殺されている」と通報があった。調査のためにハモン氏が現場に駆け付けると、死んだ子グマに銃の傷跡はなく、かみ傷があるのに気付いた。外見から、別のクマによる傷と思われた。

 オスのヒグマは、成獣になると子グマを殺すことが知られている。そうすることで、母グマが再び繁殖可能になるからだ。だが詳しく調べると、かみ傷は子グマが死んだ後に付けられたことがわかった。(参考記事:「【動画】衝撃、子グマを食べるホッキョクグマ」)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新たな寄生バチが発見された... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。