宮城蔵王白石エリアでパラグライダー

パラグライダーエリア運営 奮闘記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白石エリアでジャパンリーグ

2015-09-17 21:12:20 | パラグライダー
パラグライダーのジャパンリーグですが、全国各地で年間10戦近く開催されています。

話しを聞いたところによると、
開催してくれるエリア数が少ない!
毎年ほとんど同じエリアで開催されるので、変化に乏しい!
白石エリアは周囲に民家が少なく、緊急ランディング可能な広大な牧草地に囲まれているので、条件が渋い時でも安心して飛べる!
らしいです。

了解です。

この際、頑張ってみましょう。
と言う事で、パラグライダーの全国大会の誘致に取り組んでみる事にしました。

計画は、
2016年4月16日(土)~17日(日)
宮城蔵王白石パラグライダーエリア発
一目千本桜を空から見物パラグライダー大会
で立候補です。

開催に向けて地元自治体と相談をする作業に入りました。

選手交流会場は、
白石スキー場センターハウスを予定し、
地元の団体「よさこい走乱白石城」さんの、よさこい演舞披露も目処がたちました。

参加選手80名規模を目標に
課題は、まだまだ山積みですが、実現に向けて前進します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白石エリア ランディングアプローチ拡張

2015-04-10 06:44:04 | パラグライダー
ブログ冬眠してました。
すみません。
2015年のシーズンオープンしました。
やはり、特攻隊長の横Gが先陣切ってフライトでしたね!

さて、今年度のエリアですが、先代の白石牧場の場長は、同郷、元同僚、深谷牧野組合関係者ということもあって、これ迄格段のご配慮ご協力をいただいておりました。前年度より着任されました牧場長は一般人でありますので、普通にパラグライダーに協力理解を示していただいております。我々も、白石牧場さまに甘える事なく、採草業務に支障をきたさぬよう、サブランディングの使用をして行かなければなりません。ということで、今年は、メインランディングの侵入アプローチの改善に再着手して行こうかとおもいます。
とりあえず、この位広げてみました。
木ももう少し倒してみることにしようかと思います。
こうなると、不法投棄警告のカンバンをナントカしたくなりますねえ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白石エリアでパラグライダー教員検定会

2014-11-30 05:37:38 | パラグライダー
11月29日 30日
JHF宮城県連 教員、助教員更新講習会・教員検定会開催中です。
初日、白石スキー場の山小屋で、学科講習からスタート。






今日は朝から実技の予定です。
全員合格するといいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とんがり山エリア再開にむけて

2014-09-10 21:20:53 | インポート
冬がシーズンのエリア、とんがり山の再開に向けて動きだしました。
ランチャー台は、全て使いものにならないので、当面は木を倒すだけの作業で再開したいと思います。
テイクオフにあがる道は、斎藤さんが登山者の為に綺麗に草刈りして下さっているので、こちらはさほど手がかかりません。感謝です。
当面は最小限の整備で再開しますので、テイクオフ技量に自信のあるかただけのフライトになるかと思います。
スクールでの使用については、ご相談下さい。

2014~15シーズンの利用法
勇敢クラブの運営で再開します。

とんがり山フライト年会費
入会金 4,000円
※入会初年度のみ、次年度以降は年会費だけお支払いください。
年会費 8,000円
※11月~翌年4月 冬のみオープン

ビジターフライト料金
登録料 1,500円 ※初回のみ
フライト料 1,500円/日

テイクオフまでのサポート料
相互車相乗り (謝礼目安1回200円)

エリアオーナー
斎藤鉄太郎
090-2360-5005
フライト問い合わせ、連絡先
勇敢クラブ 日下敏彦
090-7930-5493

この線で会員集めて、整備を進めて、今年末にはとべるようにもっていきたいものです。

標高200m程度の山から、1,000~2,000m上がる事もあるなんて、こんなマニアックなフライトエリアは、めったにないかと思います。
日本100エリア制覇のラスボスエリアとして、君臨できないですかね?

Image
写真は、とんがり山山頂から青麻山を眺める



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/13(日) 体験のち、雨 なので、そらまつり慰労会

2014-07-13 19:50:28 | パラグライダー
本日体験さんが、みえられました。
半日体験とタンデム希望でしたが、天気が崩れだしてきたので、タンデムはまた後日になりました。
雨の中、テイクオフ見学して、たら林にも感激して帰られました。
で、お土産は、たらの葉の先っちょの柔らかいところを持ちかえっていただきました。
半日体験は、1時間程度出来たので、体験の感激を思い出しながら、たらの葉の天ぷらで一杯いいですね。
またの、ご来場お待ちしております。
我々スタッフは、前回のそらまつりの慰労会でした。車を運転しなくて良い私だけ、飲み物がビールで申し訳なかったです。Image




コメント
この記事をはてなブックマークに追加